ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2022年01月08日

衝撃!コロナ禍で馴染みのカフェも消えていく…

FIgvdwNakAAtZY1.jpg

ハワイ発「ホノルルコーヒー」日本撤退 全13店舗が一斉閉店 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e17a47242b0a6112b237a35eeb820824ba6e219e


衝撃の一言!

しかも「閉店するする詐欺」的ではなく、いきなりの2022年1月6日を最後に一斉閉店。つまり昨日のニュースでは全店閉店後のもので、ニュースを聞いたときにはもうお店はやっていないと言うことになってしまいました。

ホノルルコーヒーといえば、珈琲はもちろんのこと、ハワイアンパンケーキも人気で、個人的にも何度か足を運んだお店。カフェですがスタバ系のカジュアルな感覚で、珈琲もプラや紙カップ入りでしたし、パンケーキも気軽におやつ感覚でいただける居心地のいいお店でした。よく足を運んだのは横浜の「ワールドポーターズ」に入っていたお店で、あそこだと他にもいいカフェがいっぱいあるので、とりあえず行けばカフェできる感覚でよく利用していました(カップヌードルミュージアムの向かい)。

去年12月の離那覇中も、横浜に行っていただけに残念でなりません。ちなみに在りし日の「ホノルルコーヒー横浜ワールドポーターズ店」。写真もしっかり残っています。

<店舗入口><店内><パンケーキ>


しかしそれ以上に残念だったカフェ閉店は、同じ横浜の山下公園が目の前にあった「エッグスンシングス横浜山下公園店」。2019年のコロナ前にも山盛りホイップパンケーキを食べに行きました。そもそも数あるエッグスンシングスの中で最も行った回数が多いのがこの山下公園店。何回か覚えていませんがダントツの回数だと思います(他は銀座店2回、川崎店2回程度で、山下公園店は5回以上)。

でもエッグスンシングスの場合はコロナの影響ではなく、単にお店が入っているホテルが閉館したからとのこと。そのホテルも2021年末には建物が跡も形もなくなっており、もちろんカフェも跡形もなくなっていました。ただエッグスンシングスの山下公園店はいろいろな噂があり、エッグスンでありながらエッグスンではないという話も(契約上の話)。でも料理や雰囲気は他のエッグスンと遜色ないので、利用者としては分かりませんでしたけどね。

<2019年><パンケーキ><2021年>


ちなみにホノルルコーヒーは沖縄に店舗なし。エッグスンシングスはコロナ禍直前に瀬長島南の埋立地にオープンした「イーアス」に初出店。でも沖縄でエッグスンには行く気ないですけどね〜。沖縄のエッグスンはあの雰囲気のいいハワイアンカフェの感覚ではなく安っぽいファミレス的でそーですしね。

でも沖縄のカフェ閉店で衝撃的だったのは、沖縄で行った回数がダントツで多かった「クライマックスコーヒー」。最初は店舗数が徐々に減っていき、最後は運営会社破綻で全店閉店。正直、月に1回は必ず行っていただけにこのショックは大きかったです。特に那覇の「パレットくもじ」2階の店舗はテラス席もあって何度も行ったな〜(今はインバウンド用カフェになって閑古鳥が鳴いていますw)。

しかしこのコロナ禍でのカフェ運営はホントに厳しいですよね。飲み物だけならまだしも、料理のテイクアウトはなかなか対応できませんし、何よりカフェはあの雰囲気があってこそ意味あり。テイクアウトならコンビニコーヒーで十分ですしね。今後も全国的に有名どころのカフェ閉店が増えてくるかもしれませんね。沖縄だと「ローズガーデン(ライカム」「アメリカンキッチン(コザ)」は頑張って欲しいものです!(コザやライカムで那覇から遠いけど全島エイサーの際には行きます!)


posted by 離島ドットコム管理人 at 12:12 | パン/スイーツ/ケーキ

2021年12月23日

【サーターアンダギー60円→70円】呉屋もついに値上げ!でもここまでよく頑張った!!

overlaystabiness-rainnaha2c.jpg

那覇中心街でサーターアンダギーといえば「呉屋」。そう言っても過言では無いほどの地元でも人気のお店です。しかも消費増税のあともサーターアンダギー1個60円を貫いてきましたが、今回の離那覇の間に値上げしていました。昨日、雨の中を買いに行ってビックリ。

【呉屋サーターアンダギー60円→70円】

まぁそれでも某国際通りとかに比べれば全然安いですけどね(某国際通りは税抜きで1個100円レベルでしかも鮮度の悪い油ギトギト系)。むしろ消費増税(5%→8%)でも価格を変えなかったことに賞賛。ドンキホーテなんかは「税抜58円→78円(35%値上げ)」とあり得ない値上げでしたが、呉屋は「税込60円→70円(17%値上げ)」と、まぁ仕方ないかなレベル。

しかしキャッシュレスの昨今、今までは「5個300円」で小銭を抑制できたものの、値上げ後は「5個350円」と小銭が出やすい価格。3個買った日にはおつりに90円も小銭が出てしまい、キャッシュレスで使うに使えない小銭が手に入ってしまうのが難点。そういう意味では80円の方が楽だなw(ドンキの価格越えちゃうけど)。

ちなみに値上げは「2021年11月1日から」とのことで、まさに離那覇翌日からということでした。たしかテンプラとかは既に70円だった気がしますので、これで価格が統一された感じなのかな?

ちなみに呉屋が値上げしてもあくまで「税込」の話なので、ドンキの78円も税込だと84円と同じ70円台でも実際は差がかなりあります。さらに呉屋なら美味しい「黒糖味」もありますし、何より早朝から売っているので助かります(ドンキは売っている時間が不安定でランチタイムでも手に入らないことが多い)。

でもドンキのサーターアンダギーは容積的に呉屋の倍はあるので、コスパは良いんですけどね…

まぁ今後も宜野湾界隈に行く機会があればドンキのサーターアンダギーで(宜野湾店しか午前中は売っていない)、那覇近郊だと呉屋って感じで使い分けるかな。

ちなみにドンキホーテのサーターアンダギーは、那覇店(国際通り店)にはありませんが、壺川店ではあるもののランチタイムになっても商品が出てこないので、買い物は午前中限定と決めている私は未だに商品を一度も見たことありません。宜野湾店なら朝から買えるので、午前買い物派の私からするとドンキのサーターアンダギーは宜野湾店限定となる次第です(豊見城店のものは午前に手に入るが、他の油ものと一緒の油で揚げていてアンダギーに変な味が付いていて不味い)。

雨季の冬だと宜野湾までなかなか行けないので、しばらくは呉屋限定になりそうですけどね。

<2021年11月11日から値上げされた呉屋のサーターアンダギー>
kureyaprice202112223211.jpg
kureyaprice202112223212.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 09:51 | ファストフード/軽食/惣菜

2021年12月20日

健康ビュッフェ「だいこんの花」が閉店していた…

daikonnohanaclose202112203188.jpg

ホムペにも掲載している健康ビュッフェ「だいこんの花」。沖縄にも複数店舗ある人気のお店で、私も何度かお世話になっていました。確かにスーパー内にある店舗は閉店して他のお店になったのは気づいていましたが(元々テナント)、まさかの小禄バイパスにある独立店舗が閉店していたのには全く気づきませんでした。小禄バイパスではなく裏通りですが月に1回は必ず通るものの、まさか閉店していたとは全く気づきませんでした(人気のお店だったので気にもとめていませんでした)。

今日、戻那覇でいろいろ用事があり、珍しく裏通りではなく小禄バイパスを通ったら、ランチタイム近くにも関わらず駐車場に車が一台も停まっておらず、さらに気になる看板が!?

「貸店舗・事務所」
daikonnohanaclose202112203189.jpg

店舗がある2階に目をやると、窓から少し荒れた中の様子もうかがえるレベル。もちろん入口にはシャッターが下りていて、まさに閉店してしまった雰囲気でした。1階は駐車場しかないのでなかなか2階に目をやることが無いので、本気で今まで気づきませんでしたよ。調べると小禄の独立店舗は2021年8月31日で閉店。スーパー併設の店舗も9月末頃で閉店でした。ちなみにもう1店舗あり、沖縄市のものはまだ営業しているみたいなので、倒産とかではなくあくまで閉店レベルのようです。

しかし小禄店はフラグシップのような店舗だっただけに衝撃大。

那覇空港にも近く、小禄バイパスという交通の便も良く、さらにモノレール赤嶺駅も徒歩圏内。常に1階の駐車場は満車だった記憶が新しいです。でもビュッフェスタイルのレストランと言うこともあり「コロナ直撃」だったのかもしれませんね。ホテルでも最近は朝食ビュッフェは止めて、定食提供型になっているようですし、さらにビュッフェ専業店舗ともなればテイクアウトに代替できる訳でもなくコロナ直撃になったようです。

現在は貸店舗になっていますが、まだ続くコロナ禍では借り手が出にくいですね。しかも1階駐車場の2階店舗だとテイクアウトに転換することは実質不可能。このまま荒れた状態になってしまいそうで寂しい限りです。ちなみにスーパー併設型の店舗は、確かスーパー系列のドラッグストアになっていたかな?

しかし閉店から3ヶ月も気づかなかったとはね。ホント、裏通りはよく通るのに全く気づきませんでしたよ。でも最後に食べに行ったのはかなりの過去で、確かに最近は行く機会も減ったのは事実。まぁ行きたくてもビュッフェのみなのでランチでもあまり安いとは言えませんからね(ランチ1500円/ディナー2000-3000円・どちらも飲み物別)。

でも味は、とかく美味しくないお店が多い沖縄の中では「美味しい」部類。何度か行きましたが味で不満は一切ありませんでした。何よりお店の雰囲気がとてもよくて居心地も最高。仕事関係で行っても問題ないレベルでした。ただし先の話のようにテイクアウト対応が一切できないスタイルが故にコロナ直撃。残念で仕方ありません。

(在りし日の「だいこんの花小禄店」)
daikonnohanaclose20051202.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 15:36 | 居酒屋/その他

2021年08月14日

ドンキホーテのサーターアンダギーは店舗で味も食感も全く違う!!

sataandagyIMG_20180617104211.jpg

沖縄のソウルフード「サーターアンダギー」。

沖縄に住んで「唯一」定期的に食べる沖縄グルメです。っていうか2日に1個は必ず食べています。以前は那覇の「呉屋」のものにこだわって買っていましたが、最近は完全に「ドン・キホーテ」のものに移行。以前もブログで書きましたが、圧倒的にコスパがいいですからね。



ちなみにサーターアンダギーは、ドンキホーテでも売っている店舗と売っていない店舗がありますが、沖縄で売っていないのは「那覇国際通り店」だけじゃないかな(中北部は不明)。那覇および近郊の店舗ではどこでも売っていますし、宮古島や石垣島でも売っています。

しかーーーし、同じドンキホーテのサーターアンダギーなのに、店舗によって味や食感が全く異なるんです。さらに値段まで違うんです!


その沖縄のドンキホーテのサーターアンダギーを比較してみました。

MEGAドン・キホーテ宜野湾店

サーターアンダギー自体の見た目はみんな同じなので、個別の写真は割愛させていただきます。まずは那覇から気軽にアクセスできる「宜野湾店」。最初にここのサーターアンダギーを食べたときはいろいろな意味で衝撃でした。

まずは「ドンキホーテでアンダギー作っている」こと。値段が「1個58円(税抜)」とまさに驚安価格だったこと。しかも揚げたてのものもあり「大きくて美味しい」こと。ちなみに呉屋は1個60円、国際通り近辺では1個100円も、どちらもドンキホーテのものに比べて容積的に半分レベル(見た目はドンキホーテの方が1.5倍サイズ)。

しかも宜野湾店のサーターアンダギーは、外はサクサク、中はフワフワと、揚げ方も完璧。一度、宜野湾店のサーターアンダギーを食べちゃうと、他のものを食べたいと思うことがなくなってしまいました。結果、毎週のように宜野湾までサーターアンダギーを買いに行く習慣ができてしまうほど。まぁそのついでにドンキホーテならではの買い物もしての話ですけどね。

<MEGAドン・キホーテ宜野湾店のサーターアンダギー>
【価格】58円(税抜)ただし最近値上で1個78円もセールで58円に
【大きさ】8〜10cm
【味】外はサクサク中はフワフワとかなり美味しい
【販売】9時の開店同時に購入可能
【売場】店舗に入ってまっすぐ奥の奥の総菜コーナー

ドン・キホーテ那覇壺川店

沖縄初のドンキホーテは国際通り店ですが、あの店舗にはセントラルキッチンがないのでサーターアンダギーは取り扱っていません。なので那覇でも新しくできた「那覇壺川店」でしか、那覇のドンキホーテでサーターアンダギーは購入できません。でも宜野湾まで行かないでドンキホーテのサーターアンダギーは買えるとなれば、那覇市民としては嬉しい限り。しかし開店初日に買ってみてガッカリ!

「1個78円」と宜野湾店より3割も高い!(しかも価格書いておらず後で気づいたのでショックも大きい)。さらに作っている場所がセントラルキッチンではなく、イートインコーナーの揚げ物店の厨房。つまり厨房が稼働する昼近くまで、ドンキホーテ那覇壺川店ではサーターアンダギーは購入できません。さらに揚げ物店の油温度のままでサーターアンダギーも揚げるので、とにかく「固い」。口の中が出血しそうな固さです。サーターアンダギーと言うより巨大ビスケット感覚。中もフワフワの感覚はありませんでした。

<ドン・キホーテ那覇壺川店のサーターアンダギー>
【価格】78円(税抜)
【大きさ】8〜10cm
【味】外は出血しそうなほど固く中もパサパサ
【販売】8時開店もランチタイム以降じゃないと購入できない
【売場】レジ裏とイートインコーナーの間の弁当コーナー

MEGAドン・キホーテ豊見城店

2021年に旧豊見城市庁舎を居抜きwで開業させたのが「MEGAドン・キホーテ豊見城店」。那覇中心街からだと、宜野湾店へ行くのとそんなに時間は変わりません。豊崎や業務スーパーへ行くついでに行ってみました。元市庁舎だけあってとにかく中が広くて、正直買い物しにくかったです。でも宜野湾店同様に「MEGAドンキホーテ」なので、セントラルキッチンがあり、サーターアンダギーも作っていました。

ただ午前の早い時間に何度行ってもサーターアンダギーのコーナーはあっても商品なし。電話で何時頃出るか聞くと「平日は10時台、土日はランチタイムぐらい」とのこと。平日にチャレンジすると10時半ぐらいに出てきました。そして値段は何故か「64円(2個で128円)」ないし「68円(1個のみ)」。宜野湾店が58円で壺川店が78円で、何故かその中間。しかしサイズが明らかに宜野湾店や壺川店より小さめ。といっても呉屋などで売っているものよりは大きいですが、一度宜野湾店のものを見てしまうと小さく感じるレベル。

気になる味は、壺川店のような固さはないものの、逆に全般的に外もフワフワ(フニャフニャ)。作り置きしたものを出しているような感覚で、少し油っぽい味でした。でも中のフワフワ感は宜野湾店に通じるものがありました。

<MEGAドン・キホーテ豊見城店のサーターアンダギー>
【価格】68円(税抜)/2個で128円(税抜)
【大きさ】7〜8cm
【味】外は油べっとり系も中はフワフワ
【販売】9時開店も平日は10時台、土日は正午前後以降
【売場】駐車場の西口から入って左奥の野菜コーナー先(超わかりにくい)

ドン・キホーテでサーターアンダギーを買うなら?

sataandagyIMG_20171221_100315.jpg

もちろん一押しは「MEGAドン・キホーテ宜野湾店」ですが、78円に常時値上げされたら豊見城店と迷いますね。ただ豊見城店のものが明らかに小さかったので、グラム単価で考えると宜野湾店78円も豊見城店68円も変わらないのかもしれません。味や食感では文句なしに宜野湾店ですけどね(宜野湾店なら朝は揚げたてだし)。

ただし根本的な「味」は、個人的印象ですが「沖縄製粉 サーターアンダギーミックス」の味がするような気がします。産業まつりで食べた沖縄製粉ブースのものにかなり近い感じでした。もちろん悪い意味ではなくいい意味での話ですけどね。

ちなみに宮古島と石垣島のドンキホーテでもサーターアンダギーは売っていますが、値段やサイズは宜野湾店と同じ。ただしどちらも揚げてから時間が経過している印象で、味や食感は豊見城店のような感じでした。どっちかというと宮古島店の方が美味しかった印象です。あと石垣島店のものは夕方前には売り切れちゃうので注意しましょう。

とにもかくにも今の沖縄でサーターアンダギーと言えば「ドンキホーテ」がおすすめ!(断言)



posted by 離島ドットコム管理人 at 13:21 | ファストフード/軽食/惣菜

2021年03月09日

美味すぎ!ユニオン「Uまんじゅう福岡県産あまおう(税抜199円)」



沖縄ローカルスーパー「フレッシュプラザユニオン」で、最初見た時は沖縄名物の「の饅頭」?って思いましたが、よ〜く見ると「の」ではなく「U」の印。しかも「の饅頭」の1/5ぐらいのちっさい饅頭なのに、2個で199円と、激安ユニオンとしては猛烈に高い価格設定(ユニオンならこのサイズの饅頭だと1個30円とか50円レベル)。

最初は購入も躊躇したましたが、運良く「半額セール」があって、2個で99円にて購入。これならユニオン価格ですからねw



でも1個のサイズがひとくち饅頭サイズで、何故にあのユニオンであの値段?って感じでしたが、食べてみて納得。かなりの美味。2個で199円も納得の味でした。

unionmanju20210309c.jpg

ユニオン「Uまんじゅう」は、饅頭ですが中はあんこではありません。最初はあんこだと思って食べてビックリ。中は濃厚なイチゴ味のクリームでした。あまおうらしく、甘みも酸味も程よいレベルで、「U」マークなければ、高級和菓子として売れそうな感じ。

でも今回もその「U」マークが無ければ、半額でも買っていなかったですねw(ネタ的に買った)



なので予想外の味で、ナイフで切った断面では無く、ひと噛みしたあとの写真になってしまいましたw

でもこの「Uまんじゅう福岡県産あまおう」は、フレッシュプラザユニオンではかなりおすすめ。ユニオンの商品は基本的に激安なんですが、その分質はそれほど高級ではないものの、今回の「Uまんじゅう福岡県産あまおう」は申し分ない品質。

ただユニオンであのサイズの饅頭1個100円はちょっとね・・・w
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:32 | パン/スイーツ/ケーキ

2020年06月11日

【横浜】天丼屋 豊野丼は健在!天ぷら豊野は全く別なので要注意!!

toyono20191216b.jpg

東京でカツカレーといえば「キッチン南海」ですが、横浜で天丼といえば個人的には・・・

「天丼屋 豊野丼」

横浜橋商店街入口のすぐ近くにある小さなお店です。でもお店は小さいですがインパクトは特大。東京でもここ以上のインパクトある天丼屋はないと思います。本土に行っている際に、横浜に用事があるときは必ず食べに行っています。ただJRの駅からやや遠いので、きちんと計画しないと食べに行けませんが、それでもここも毎年のように食べに行っています。

豊野丼といえばあの名物親父w

あのウザさが可愛いです(笑)。一見さんには癖が強くて抵抗があるキャラですが、この手のキャラは慣れているので、全然気になりません。さらにお店の狭さ(カウンター6席のみ)と綺麗とは言えない店内。それもそのはず、テレビの「きたなシュラン」でも取り上げられ、店内にはその証明書なるものも飾ってあります。店内全てが油っぽくて、長時間いたら体中油臭くなること必至。でも狭い店内だけに食べたらすぐ退店するので、最長でも15分程度。身体に油臭さが残ったことはありません。

※きたなシュラン&きたなトラン=見た目は汚いけれど料理は美味しいお店



何より天丼が美味しい。見た目は濃いめのタレですが、意外とあっさり完食できます。とにかく量が多くて、てんやの通常天丼の倍のボリューム。女性はまず食べきれない量だと思いますし、男性でもかなりキツい量です(特にご飯が多い)。なのでここで大盛りを頼むと痛い目に遭いますので、通常のものを注文しましょう。

メニューは天丼、海鮮天丼、穴子天丼、豊野丼、黄金丼の5つに、その時期ならではの天丼が1種類あります。味噌汁は別で1杯100円。最初にいるか否か聞かれますが、常連さんは注文時点で「味噌汁無しで」って自ら言います。

おすすめは海鮮天丼。海老・キス・穴子が入っていてお得です。海老好きにはエビ天3本入った豊野丼がおすすめ。そして最上級の黄金丼には特大エビ天が2本入って、量も半端ありません。見ただけでお腹一般になる量です。大盛りは+50円ですが、先の話のように一見さんは注文するのは止めましょうw

システムは最初に注文し、支払いは食後にカウンターで現金払い。水は最初の1杯は出されますが、それ以降はテーブル上にあるペットボトルの水をセルフで入れるシステム。お新香は皿だけくれて、こちらもセルフで取るシステムです。あとティッシュペーパーが天井にぶら下げてあるので、油を拭いたりする際は天井から紙を引っ張って出しましょう。

とにかく名物親父がウザい(笑)。最初はぶっきらぼうで愛想ないかと思いますが、話をするとかなりかわいい系。客の得手不得手もありますし、親父の好き嫌いもあるので、相性次第ですが強烈なキャラには注目です。

ちなみに以前は隣に「天ぷら豊野」というお店がありましたが、豊野丼とは全く関係の無い別の店です。この天ぷら豊野は他のエリアにもありますが、アジはてんやレベルであまりおすすめではありません。天丼を食べるなら横浜橋の「豊野丼」ですのでお間違いの無いように!(てんぷら豊野はイセザキモールへ移転)。また食後にすぐ脇の横浜橋商店街モールを散策するのもおすすめです。こっちもかなりキャラが濃いお店の人や客が多くて楽しいですよ。

天丼屋 豊野丼 基本情報

【住所】神奈川県横浜市南区真金町2-18(横浜橋商店街入口近く)
【電話】045-251-4740
【交通】阪東橋駅より徒歩3分/関内駅より徒歩15分
【営業】11:00-14:00/17:00-20:00
【定休】日曜日
【料理】天丼800円/海鮮天丼800円/豊野丼1000円/黄金丼1200円


posted by 離島ドットコム管理人 at 11:58 | 串カツ/トンカツ/揚げ物

2020年06月10日

【東京】キッチン南海オリジナル店が6月26日で閉店…衝撃です…

nankai20200626close1.jpg

東京の都心で「カツカレー」といえば、神保町のこのお店!

「キッチン南海」

真っ黒なカレーが特徴で、来店の半分はこのカツカレーを頼んでいるんじゃないかな?個人的にもカツカレーは、このキッチン南海のものが一生で最も多く食べたと断言できるほどです。なにせ高校以降の学生時代、ランチも夜もここで食べる機会が多かったので、累積すると100回どころか200回とか300回とか食べていると思います。

キッチン南海といえば神保町駅近くの少し裏の「すずらん通り」にあるお店がオリジナルで、ここから独立した人が同じ店名で他の町でお店をやっているものの、正確にはのれん分けでもなければ支店でもないらしいです。なので神保町のキッチン南海がまさに「唯一無二」のオリジナルってことになります。

そのキッチン南海が2020年6月26日で閉店(ToT)



まさに涙もの。なにせ沖縄からも東京行きの際に、年1回は食べに行っており、今年も5月の東京行きで食べに行く予定でした。しかしコロナショックで飛行機は往復ともに運休、ホテルも休業。まぁ今年は無理でも来年行けばいいさ、って思っていたらこんな事態になってしまいました。ちなみに、同じ名前のお店は両国や早稲田にあって食べたことはありますが、似ているだけでオリジナルとは違いました。

黒いカツカレーはまさにこの神保町のお店が唯一無二!



それがもう食べられなくなるなんて悲しすぎます。しかもコロナショックでまだ東京には行くに行けない。この写真が最後の「キッチン南海のカツカレー」になってしまった次第です。でも逆に去年食べに行っておいて良かったのかもしれません。こうして写真もたまたま残っていましたしね(普段は撮影なんてせずすぐに食べるので)。

もうこれで神保町へ行く機会はなくなった・・・

キッチン南海 基本情報

【住所】東京都千代田区神田神保町1-5(すずらん通り)
【電話】03-3292-0036
【交通】神保町駅A7から徒歩1分(2軒右隣が小諸そば)
【営業】11:15-15:00/17:00-19:30
【定休】日曜日
【料理】カツカレー750円/カレーライス550円/定食750円〜
【閉店】2020年6月26日


posted by 離島ドットコム管理人 at 12:34 | ファストフード/軽食/惣菜

2018年10月11日

那覇のパン屋といえば「かめしまパン」

沖縄には雑誌によく載る有名パン屋もあれば、街角にある何気ない地元のパン屋もありますが、那覇のパン屋といえば、個人的にはやっぱりここ!

「かめしまパン」

その理由は、いかにも地元ローカルのパン屋なのに、那覇中心街だけでも4店舗もあるんですよね。ローカルパン屋でも店舗が複数あるのも珍しい。さらに中城や沖縄市に店舗があり、那覇だけではなく沖縄のパン屋の印象もある「かめしまパン」

那覇だと、なんと「とまりん」から徒歩3分に店舗あり!(前島店)

さらに、波の上ビーチからも徒歩3分にも別の店舗あり!(若狭店)

国際通りからも、徒歩10分で別の店舗(二中前店)もあり、那覇で生活していると行きやすいところばかりなんですよね。

でも個人的には、やっぱり「とまりん」に近い前島店が最も馴染みです。なにせ朝の6時から影響しており、日曜定休ですがとても便利。朝早い船に乗る際にも、気軽にその前に買いに行けます。

とまりんから徒歩3分

「かめしまパン」といえば、那覇市民なら最初にこれが頭に浮かぶでしょうね〜。

「メッセージラスク」

食パンサイズのラスクに、様々なメッセージが書かれたものです。しかも種類が多く、さらにその時期ならではのメッセージもあり、何種類あるのか数え切れないほど。もしかすると「無数?」って思えるほどの数です。中でも卒業シーズンなんかは、それに合わせたメッセージも多く、那覇では「贈答品」や「手土産」にも人気です。

ちなみに10月だと「ハロウィン」関連のものが多く、メッセージ以外にもハロウィンのイラスト的なラスクもあります。とにかく行くたびに、違ったラスクがあるので、何度足を運んでも楽しめます。

まぁ味は一緒ですけどね(甘さ控えめのラスクです)。

メッセージラスクで有名

さすがにラスクで朝食やランチは難しいですが、かめしまパンで人気なのはサンドイッチ。具がたっぷりのサンドイッチが何種類もあり、タマゴサンドでも、ツナサンドでも、カツサンドでも、ほぼ一律の「200円」。なので、コスパ重視で毎回カツサンドを買っています。

といってもカツサンドとセットになっているのが、野菜サンドとかになるので、結果的にコストはどのサンドイッチも同じなのかもしれませんけどね。おすすめはタマゴサンドで、とにかく具の量が凄い。でも売り切れ必至なので、購入希望の際は朝早めの時間に行きましょう。

ほぼ200円均一のサンドイッチがおすすめ
ほぼ200円均一のサンドイッチがおすすめ

とにもかくにも、那覇の庶民的なパン屋といえば「かめしまパン」。沖縄で地元系ローカルパン屋に行ってみたければ、是非足を運んでみましょう!

かめしまパン前島店(とまりんから徒歩3分・06:00-19:00ぐらい)
かめしまパン若狭店(波の上ビーチから徒歩3分・06:00-19:00ぐらい)
かめしまパン二中前店(国際通りから徒歩8分・06:00-売り切れまで/夕方ぐらい?)
かめしまパン田原店(モノレール小禄駅から徒歩4分・07:00-20:00ぐらい)
かめしまパン豊見城店(那覇空港からやくkm・07:00-19:00ぐらい)
かめしまパン南上原店(中城村・07:00-20:00ぐらい)
かめしまパン泡瀬店(沖縄市・07:00-18:30ぐらい)
+他複数店舗あり



kameshima201810b.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 11:43 | パン/スイーツ/ケーキ

2018年10月08日

クライマックスコーヒー デパートリウボウ店・閉店!ショック!!

沖縄限定カフェで山盛りホイップパンケーキ!クライマックスコーヒーのお得なスイーツ情報

旅コラムでも紹介の際、メインの写真に使っていた「クライマックスコーヒー デパートリウボウ店」。正直なところ、沖縄のカフェで最も多く足を運んだお店で、毎回必ず「山盛りホイップパンケーキ」を頂いていました。

注文してから焼くパンケーキは美味しくて、コスパもよくてホントに何度も何度も足を運びました。ただ最近は、そのパンケーキメニューが改編され、イマイチになったので1年ほど行っていませんでしたが、先月、国際通り入口の「パレットくもじ」へ行ったときに、お店に寄ってみたら衝撃の事実が!?

クライマックスコーヒー
デパートリウボウ店・閉店!


まさに「オーマイガッ!」。





今月から別のカフェになるらしいですが、個人的には「クライマックスコーヒーのパンケーキ」が好きだったので、この場所のカフェに行きたい訳ではありませんからね。しかも次のカフェの名前が「楽園カフェ」ってうさん臭い名前。いかにも「C国人」用って雰囲気がプンプンします。ちなみにクライマックスコーヒーは、ほとんどが沖縄の人が使っており、観光客はたまにいるけど、C国人はほとんど見ませんでした。逆にそれが快適で、店内も半分オープンスタイルながらも静かでしたからね(反面、同じ建物8階「無印良品」は客のほとんどがC国人で騒々しい)。

パレットくもじ自体はあまり用がないものの、1階の郵便局と、向かいのみずほ銀行には用が多くあるので、そのついでにクライマックスコーヒーにも寄り道していただけに、この「クライマックスコーヒー デパートリウボウ店」の閉店は残念で仕方ありません。

しかもこのパレットくもじ周辺には、昔、マクドナルドもあって、軽い気持ちでカフェできたお店もあったものの、マックが閉店し、このクライマックスコーヒーも閉店されると、もはや行くお店無し。確かに1階にモスとケンタが入っていますが、どちらも軽い気持ちでカフェできる感じじゃ無いですよね。がっつり食べる感じ。2階にアフターヌーンティーがありますが、入りにくい雰囲気だし、その点この2階の半屋外にあったクライマックスコーヒーはホントに入りやすかったんですけどね・・・

でもクライマックスコーヒー自体は、他の地域では残っており、現在カフェできる店舗は「北谷ハンビー本店」と「デポアイランド店」、あと糸満のSCに入っている「サンエーしおざきシティ店」3店舗だけかな?ちなみに那覇でも新都心のメインプレイスに店舗がありますが、あそこは物販とドリンクのみ。パンケーキはありません。

しかしクライマックスコーヒーのHPを見ると、本店でもある「北谷ハンビー本店」の情報が丸々削除されている!

この北谷ハンビー本店は一時期閉店していたものの、改装して再開しただけに、かなり気になります。っていうかクライマックスコーヒーは、デパートリウボウ店だとこの北谷ハンビー本店によく足を運んでいたので、こっちも閉店になるともはや行く店舗が無い。既に浦添店は閉店になっていますし、デポ店は観光客だらけなので行きたくないし、糸満店は遠すぎるし他に用がないし・・・

もう、クライマックスコーヒーのパンケーキ、気軽に食べに行けないのかな〜?

この「クライマックスコーヒー デパートリウボウ店・閉店」はショック、デカすぎです。。。

クライマックスコーヒーHP

クライマックスコーヒーを紹介した旅コラム

BEC8C5E052294DF5BD1C966E0DE0DD19_L.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:08 | パン/スイーツ/ケーキ

2017年12月22日

沖縄のサーターアンダギー徹底比較「ドンキホーテvs呉屋」

沖縄生活で「ちんすこう」は全く食べませんが、「サーターアンダギー」はさすがに毎日は食べないものの、週に2〜3個は食べています。ほぼランチ時ですが、もともとランチは小食なので、このサーターアンダギーはいいおやつになっています(食後のデザート?)

ちなみにサーターアンダギー。最近はすっかり宜野湾のドンキホーテの「デカアンダギー」がメインになっていますが、本土土産の際はサイズが小さめの呉屋のものを好んで買って行きます。しかし呉屋のアンダギー。なんかここ数年でどんどん小さくなっている。以前はテニスボールぐらいだった大きさが、今はビリヤードの球ぐらいに!?(ドンキホーテのものは野球のボールサイズ)

でも味は確かですし、お土産にするには小さい方が都合が良いんですけどね。

そして今回はそのお土産以外に自分で食べるものも購入。さらにそれらがまだ残っているうちに、宜野湾ドンキのサーターアンダギーも買う機会があったので、この2つを徹底比較(笑)。その大きさの違いに驚愕!?

ドンキホーテと呉屋のサーターアンダギー
ドンキホーテと呉屋の比較

初めて2つ並べてみましたが、ここまで大きさが違うとはね^^ゞ

呉屋のものがビリヤードの球ぐらいのサイズで、宜野湾ドンキのものは野球の球どころかソフトボールの球に近い!まぁ食べるところは野球の球サイズですが、直径にして1.5倍、容積にして2倍以上はありそうですね。

しかも値段はどっちも60円前後(呉屋60円/ドンキ62円・税込)

ちなみに重さは「呉屋70g/ドンキ140g」とまさに倍!!

まとめると

・ドンキのサーターアンダギー 直行9cm/140g/62円
・呉屋のサーターアンダギー  直径6cm/70g/60円


ドンキホーテのサーターアンダギー
呉屋のサーターアンダギー

でも味はさすがに呉屋の方が上かな?

生地の密度が呉屋の方が高くもちもち。しかもドンキはプレーンしか味がないけど、呉屋はプレーン以外に少し苦みがある黒糖もあるので、たくさん購入する際には選べるのも良いですね。

しかしサーターアンダギーの外側は、呉屋だとかなり固くてお年を召した方には少し温めてから食べた方が良いかも?逆にドンキのものは冷えても外側はサクサクでいい食感。っていうかサーターアンダギーは冷蔵庫で保管すると、脂ぎらないでさくさくのままになるのでおすすめですよ。

味については好みもありますが、個人的にはドンキのアンダギーも悪くないと思いますよ。何よりドンキのアンダギーは、目の前の店内で揚げているので、タイミングが良ければ揚げたてのものもget可能。逆に呉屋は作り置きのものがほとんどなので、揚げたてはなかなか頂けない、ないしかなり待つかも?

もちろんコスパ的には断然ドンキの方が良いですし、支払もカードでも電子マネーもOK。呉屋は当然ですが現金のみです。

ただ呉屋なら那覇市街にあるので気軽に行けますが、ドンキは那覇の店舗では売っておらず、宜野湾まで行かなければなりませんけどね。でも宜野湾ドンキは近くにイオン系の激安スーパーもありますので、ついで寄りができるのでそんなに遠さは感じません。そもそもドンキホーテなら他にも買い物もいっぱいあるので、遠出して行ってもいいですけどね〜(那覇のドンキは品揃え最悪なのでもう行かない)。

個人的には黒糖のサーターアンダギーが大好きなので、宜野湾ドンキのサーターアンダギーで黒糖バージョンが出たら言うこと無しかな?

まぁドンキホーテは薄利多売なので、種類を増やすことはまずありませんけどね。

しかし呉屋のサーターアンダギー。ここまで小さくなっているとは・・・(/_;)

andagy201712a.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:44 | ファストフード/軽食/惣菜