ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2020年06月11日

【横浜】天丼屋 豊野丼は健在!天ぷら豊野は全く別なので要注意!!

toyono20191216b.jpg

東京でカツカレーといえば「キッチン南海」ですが、横浜で天丼といえば個人的には・・・

「天丼屋 豊野丼」

横浜橋商店街入口のすぐ近くにある小さなお店です。でもお店は小さいですがインパクトは特大。東京でもここ以上のインパクトある天丼屋はないと思います。本土に行っている際に、横浜に用事があるときは必ず食べに行っています。ただJRの駅からやや遠いので、きちんと計画しないと食べに行けませんが、それでもここも毎年のように食べに行っています。

豊野丼といえばあの名物親父w

あのウザさが可愛いです(笑)。一見さんには癖が強くて抵抗があるキャラですが、この手のキャラは慣れているので、全然気になりません。さらにお店の狭さ(カウンター6席のみ)と綺麗とは言えない店内。それもそのはず、テレビの「きたなシュラン」でも取り上げられ、店内にはその証明書なるものも飾ってあります。店内全てが油っぽくて、長時間いたら体中油臭くなること必至。でも狭い店内だけに食べたらすぐ退店するので、最長でも15分程度。身体に油臭さが残ったことはありません。

※きたなシュラン&きたなトラン=見た目は汚いけれど料理は美味しいお店



何より天丼が美味しい。見た目は濃いめのタレですが、意外とあっさり完食できます。とにかく量が多くて、てんやの通常天丼の倍のボリューム。女性はまず食べきれない量だと思いますし、男性でもかなりキツい量です(特にご飯が多い)。なのでここで大盛りを頼むと痛い目に遭いますので、通常のものを注文しましょう。

メニューは天丼、海鮮天丼、穴子天丼、豊野丼、黄金丼の5つに、その時期ならではの天丼が1種類あります。味噌汁は別で1杯100円。最初にいるか否か聞かれますが、常連さんは注文時点で「味噌汁無しで」って自ら言います。

おすすめは海鮮天丼。海老・キス・穴子が入っていてお得です。海老好きにはエビ天3本入った豊野丼がおすすめ。そして最上級の黄金丼には特大エビ天が2本入って、量も半端ありません。見ただけでお腹一般になる量です。大盛りは+50円ですが、先の話のように一見さんは注文するのは止めましょうw

システムは最初に注文し、支払いは食後にカウンターで現金払い。水は最初の1杯は出されますが、それ以降はテーブル上にあるペットボトルの水をセルフで入れるシステム。お新香は皿だけくれて、こちらもセルフで取るシステムです。あとティッシュペーパーが天井にぶら下げてあるので、油を拭いたりする際は天井から紙を引っ張って出しましょう。

とにかく名物親父がウザい(笑)。最初はぶっきらぼうで愛想ないかと思いますが、話をするとかなりかわいい系。客の得手不得手もありますし、親父の好き嫌いもあるので、相性次第ですが強烈なキャラには注目です。

ちなみに以前は隣に「天ぷら豊野」というお店がありましたが、豊野丼とは全く関係の無い別の店です。この天ぷら豊野は他のエリアにもありますが、アジはてんやレベルであまりおすすめではありません。天丼を食べるなら横浜橋の「豊野丼」ですのでお間違いの無いように!(てんぷら豊野はイセザキモールへ移転)。また食後にすぐ脇の横浜橋商店街モールを散策するのもおすすめです。こっちもかなりキャラが濃いお店の人や客が多くて楽しいですよ。

天丼屋 豊野丼 基本情報

【住所】神奈川県横浜市南区真金町2-18(横浜橋商店街入口近く)
【電話】045-251-4740
【交通】阪東橋駅より徒歩3分/関内駅より徒歩15分
【営業】11:00-14:00/17:00-20:00
【定休】日曜日
【料理】天丼800円/海鮮天丼800円/豊野丼1000円/黄金丼1200円


【串カツ/トンカツ/揚げ物の最新記事】
posted by 離島ドットコム管理人 at 11:58 | 串カツ/トンカツ/揚げ物

2020年06月10日

【東京】キッチン南海オリジナル店が6月26日で閉店…衝撃です…

nankai20200626close1.jpg

東京の都心で「カツカレー」といえば、神保町のこのお店!

「キッチン南海」

真っ黒なカレーが特徴で、来店の半分はこのカツカレーを頼んでいるんじゃないかな?個人的にもカツカレーは、このキッチン南海のものが一生で最も多く食べたと断言できるほどです。なにせ高校以降の学生時代、ランチも夜もここで食べる機会が多かったので、累積すると100回どころか200回とか300回とか食べていると思います。

キッチン南海といえば神保町駅近くの少し裏の「すずらん通り」にあるお店がオリジナルで、ここから独立した人が同じ店名で他の町でお店をやっているものの、正確にはのれん分けでもなければ支店でもないらしいです。なので神保町のキッチン南海がまさに「唯一無二」のオリジナルってことになります。

そのキッチン南海が2020年6月26日で閉店(ToT)



まさに涙もの。なにせ沖縄からも東京行きの際に、年1回は食べに行っており、今年も5月の東京行きで食べに行く予定でした。しかしコロナショックで飛行機は往復ともに運休、ホテルも休業。まぁ今年は無理でも来年行けばいいさ、って思っていたらこんな事態になってしまいました。ちなみに、同じ名前のお店は両国や早稲田にあって食べたことはありますが、似ているだけでオリジナルとは違いました。

黒いカツカレーはまさにこの神保町のお店が唯一無二!



それがもう食べられなくなるなんて悲しすぎます。しかもコロナショックでまだ東京には行くに行けない。この写真が最後の「キッチン南海のカツカレー」になってしまった次第です。でも逆に去年食べに行っておいて良かったのかもしれません。こうして写真もたまたま残っていましたしね(普段は撮影なんてせずすぐに食べるので)。

もうこれで神保町へ行く機会はなくなった・・・

キッチン南海 基本情報

【住所】東京都千代田区神田神保町1-5(すずらん通り)
【電話】03-3292-0036
【交通】神保町駅A7から徒歩1分(2軒右隣が小諸そば)
【営業】11:15-15:00/17:00-19:30
【定休】日曜日
【料理】カツカレー750円/カレーライス550円/定食750円〜
【閉店】2020年6月26日


posted by 離島ドットコム管理人 at 12:34 | ファストフード/軽食/惣菜

2018年10月11日

那覇のパン屋といえば「かめしまパン」

沖縄には雑誌によく載る有名パン屋もあれば、街角にある何気ない地元のパン屋もありますが、那覇のパン屋といえば、個人的にはやっぱりここ!

「かめしまパン」

その理由は、いかにも地元ローカルのパン屋なのに、那覇中心街だけでも4店舗もあるんですよね。ローカルパン屋でも店舗が複数あるのも珍しい。さらに中城や沖縄市に店舗があり、那覇だけではなく沖縄のパン屋の印象もある「かめしまパン」

那覇だと、なんと「とまりん」から徒歩3分に店舗あり!(前島店)

さらに、波の上ビーチからも徒歩3分にも別の店舗あり!(若狭店)

国際通りからも、徒歩10分で別の店舗(二中前店)もあり、那覇で生活していると行きやすいところばかりなんですよね。

でも個人的には、やっぱり「とまりん」に近い前島店が最も馴染みです。なにせ朝の6時から影響しており、日曜定休ですがとても便利。朝早い船に乗る際にも、気軽にその前に買いに行けます。

とまりんから徒歩3分

「かめしまパン」といえば、那覇市民なら最初にこれが頭に浮かぶでしょうね〜。

「メッセージラスク」

食パンサイズのラスクに、様々なメッセージが書かれたものです。しかも種類が多く、さらにその時期ならではのメッセージもあり、何種類あるのか数え切れないほど。もしかすると「無数?」って思えるほどの数です。中でも卒業シーズンなんかは、それに合わせたメッセージも多く、那覇では「贈答品」や「手土産」にも人気です。

ちなみに10月だと「ハロウィン」関連のものが多く、メッセージ以外にもハロウィンのイラスト的なラスクもあります。とにかく行くたびに、違ったラスクがあるので、何度足を運んでも楽しめます。

まぁ味は一緒ですけどね(甘さ控えめのラスクです)。

メッセージラスクで有名

さすがにラスクで朝食やランチは難しいですが、かめしまパンで人気なのはサンドイッチ。具がたっぷりのサンドイッチが何種類もあり、タマゴサンドでも、ツナサンドでも、カツサンドでも、ほぼ一律の「200円」。なので、コスパ重視で毎回カツサンドを買っています。

といってもカツサンドとセットになっているのが、野菜サンドとかになるので、結果的にコストはどのサンドイッチも同じなのかもしれませんけどね。おすすめはタマゴサンドで、とにかく具の量が凄い。でも売り切れ必至なので、購入希望の際は朝早めの時間に行きましょう。

ほぼ200円均一のサンドイッチがおすすめ
ほぼ200円均一のサンドイッチがおすすめ

とにもかくにも、那覇の庶民的なパン屋といえば「かめしまパン」。沖縄で地元系ローカルパン屋に行ってみたければ、是非足を運んでみましょう!

かめしまパン前島店(とまりんから徒歩3分・06:00-19:00ぐらい)
かめしまパン若狭店(波の上ビーチから徒歩3分・06:00-19:00ぐらい)
かめしまパン二中前店(国際通りから徒歩8分・06:00-売り切れまで/夕方ぐらい?)
かめしまパン田原店(モノレール小禄駅から徒歩4分・07:00-20:00ぐらい)
かめしまパン豊見城店(那覇空港からやくkm・07:00-19:00ぐらい)
かめしまパン南上原店(中城村・07:00-20:00ぐらい)
かめしまパン泡瀬店(沖縄市・07:00-18:30ぐらい)
+他複数店舗あり



kameshima201810b.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 11:43 | パン/スイーツ/ケーキ

2018年10月08日

クライマックスコーヒー デパートリウボウ店・閉店!ショック!!

沖縄限定カフェで山盛りホイップパンケーキ!クライマックスコーヒーのお得なスイーツ情報

旅コラムでも紹介の際、メインの写真に使っていた「クライマックスコーヒー デパートリウボウ店」。正直なところ、沖縄のカフェで最も多く足を運んだお店で、毎回必ず「山盛りホイップパンケーキ」を頂いていました。

注文してから焼くパンケーキは美味しくて、コスパもよくてホントに何度も何度も足を運びました。ただ最近は、そのパンケーキメニューが改編され、イマイチになったので1年ほど行っていませんでしたが、先月、国際通り入口の「パレットくもじ」へ行ったときに、お店に寄ってみたら衝撃の事実が!?

クライマックスコーヒー
デパートリウボウ店・閉店!


まさに「オーマイガッ!」。





今月から別のカフェになるらしいですが、個人的には「クライマックスコーヒーのパンケーキ」が好きだったので、この場所のカフェに行きたい訳ではありませんからね。しかも次のカフェの名前が「楽園カフェ」ってうさん臭い名前。いかにも「C国人」用って雰囲気がプンプンします。ちなみにクライマックスコーヒーは、ほとんどが沖縄の人が使っており、観光客はたまにいるけど、C国人はほとんど見ませんでした。逆にそれが快適で、店内も半分オープンスタイルながらも静かでしたからね(反面、同じ建物8階「無印良品」は客のほとんどがC国人で騒々しい)。

パレットくもじ自体はあまり用がないものの、1階の郵便局と、向かいのみずほ銀行には用が多くあるので、そのついでにクライマックスコーヒーにも寄り道していただけに、この「クライマックスコーヒー デパートリウボウ店」の閉店は残念で仕方ありません。

しかもこのパレットくもじ周辺には、昔、マクドナルドもあって、軽い気持ちでカフェできたお店もあったものの、マックが閉店し、このクライマックスコーヒーも閉店されると、もはや行くお店無し。確かに1階にモスとケンタが入っていますが、どちらも軽い気持ちでカフェできる感じじゃ無いですよね。がっつり食べる感じ。2階にアフターヌーンティーがありますが、入りにくい雰囲気だし、その点この2階の半屋外にあったクライマックスコーヒーはホントに入りやすかったんですけどね・・・

でもクライマックスコーヒー自体は、他の地域では残っており、現在カフェできる店舗は「北谷ハンビー本店」と「デポアイランド店」、あと糸満のSCに入っている「サンエーしおざきシティ店」3店舗だけかな?ちなみに那覇でも新都心のメインプレイスに店舗がありますが、あそこは物販とドリンクのみ。パンケーキはありません。

しかしクライマックスコーヒーのHPを見ると、本店でもある「北谷ハンビー本店」の情報が丸々削除されている!

この北谷ハンビー本店は一時期閉店していたものの、改装して再開しただけに、かなり気になります。っていうかクライマックスコーヒーは、デパートリウボウ店だとこの北谷ハンビー本店によく足を運んでいたので、こっちも閉店になるともはや行く店舗が無い。既に浦添店は閉店になっていますし、デポ店は観光客だらけなので行きたくないし、糸満店は遠すぎるし他に用がないし・・・

もう、クライマックスコーヒーのパンケーキ、気軽に食べに行けないのかな〜?

この「クライマックスコーヒー デパートリウボウ店・閉店」はショック、デカすぎです。。。

クライマックスコーヒーHP

クライマックスコーヒーを紹介した旅コラム

BEC8C5E052294DF5BD1C966E0DE0DD19_L.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:08 | パン/スイーツ/ケーキ

2017年12月22日

沖縄のサーターアンダギー徹底比較「ドンキホーテvs呉屋」

沖縄生活で「ちんすこう」は全く食べませんが、「サーターアンダギー」はさすがに毎日は食べないものの、週に2〜3個は食べています。ほぼランチ時ですが、もともとランチは小食なので、このサーターアンダギーはいいおやつになっています(食後のデザート?)

ちなみにサーターアンダギー。最近はすっかり宜野湾のドンキホーテの「デカアンダギー」がメインになっていますが、本土土産の際はサイズが小さめの呉屋のものを好んで買って行きます。しかし呉屋のアンダギー。なんかここ数年でどんどん小さくなっている。以前はテニスボールぐらいだった大きさが、今はビリヤードの球ぐらいに!?(ドンキホーテのものは野球のボールサイズ)

でも味は確かですし、お土産にするには小さい方が都合が良いんですけどね。

そして今回はそのお土産以外に自分で食べるものも購入。さらにそれらがまだ残っているうちに、宜野湾ドンキのサーターアンダギーも買う機会があったので、この2つを徹底比較(笑)。その大きさの違いに驚愕!?

ドンキホーテと呉屋のサーターアンダギー
ドンキホーテと呉屋の比較

初めて2つ並べてみましたが、ここまで大きさが違うとはね^^ゞ

呉屋のものがビリヤードの球ぐらいのサイズで、宜野湾ドンキのものは野球の球どころかソフトボールの球に近い!まぁ食べるところは野球の球サイズですが、直径にして1.5倍、容積にして2倍以上はありそうですね。

しかも値段はどっちも60円前後(呉屋60円/ドンキ62円・税込)

ちなみに重さは「呉屋70g/ドンキ140g」とまさに倍!!

まとめると

・ドンキのサーターアンダギー 直行9cm/140g/62円
・呉屋のサーターアンダギー  直径6cm/70g/60円


ドンキホーテのサーターアンダギー
呉屋のサーターアンダギー

でも味はさすがに呉屋の方が上かな?

生地の密度が呉屋の方が高くもちもち。しかもドンキはプレーンしか味がないけど、呉屋はプレーン以外に少し苦みがある黒糖もあるので、たくさん購入する際には選べるのも良いですね。

しかしサーターアンダギーの外側は、呉屋だとかなり固くてお年を召した方には少し温めてから食べた方が良いかも?逆にドンキのものは冷えても外側はサクサクでいい食感。っていうかサーターアンダギーは冷蔵庫で保管すると、脂ぎらないでさくさくのままになるのでおすすめですよ。

味については好みもありますが、個人的にはドンキのアンダギーも悪くないと思いますよ。何よりドンキのアンダギーは、目の前の店内で揚げているので、タイミングが良ければ揚げたてのものもget可能。逆に呉屋は作り置きのものがほとんどなので、揚げたてはなかなか頂けない、ないしかなり待つかも?

もちろんコスパ的には断然ドンキの方が良いですし、支払もカードでも電子マネーもOK。呉屋は当然ですが現金のみです。

ただ呉屋なら那覇市街にあるので気軽に行けますが、ドンキは那覇の店舗では売っておらず、宜野湾まで行かなければなりませんけどね。でも宜野湾ドンキは近くにイオン系の激安スーパーもありますので、ついで寄りができるのでそんなに遠さは感じません。そもそもドンキホーテなら他にも買い物もいっぱいあるので、遠出して行ってもいいですけどね〜(那覇のドンキは品揃え最悪なのでもう行かない)。

個人的には黒糖のサーターアンダギーが大好きなので、宜野湾ドンキのサーターアンダギーで黒糖バージョンが出たら言うこと無しかな?

まぁドンキホーテは薄利多売なので、種類を増やすことはまずありませんけどね。

しかし呉屋のサーターアンダギー。ここまで小さくなっているとは・・・(/_;)

andagy201712a.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:44 | ファストフード/軽食/惣菜

2017年03月16日

沖縄の工場パンでは今のところ一番?ぐしけん『ふくらしゃ』。特に厚切りがいい!!

沖縄には本土の工場パンの定番中の定番「ヤマザキ」がありません。スーパーによっては、ほんのわずかですが取り扱っているところもありますが、特に食パンについては沖縄ではほぼ手に入りません。ヤマザキの定番中の定番「ダブルソフト」も「芳醇」もほとんど手に入りません。でもパスコの「超熟」だけは、沖縄のパンメーカーがライセンス委託されて作っているので手に入りますが、個人的にはあまり好きじゃないんですよね〜^^ゝ

やっぱり工場パンといえばヤマザキ。でも沖縄に工場がないヤマザキ。

沖縄で生活をして、最初に戸惑ったのがこのパン事情。

正直なところ、沖縄で売っている沖縄にある会社の特に「食パン」は美味しいものがほとんどありません。ちなみに沖縄では沖縄独自のパンメーカー「オキコ」「ぐしけん」「第一パン」が大部分を占めていて、どのスーパーへ行っても売っているものはほとんど一緒。

しかも味はどこのものもイマイチで、中には「不味い」と明言できるぐらいのものが平気で売っています。もちろん好みや食べ方もあると思いますが、お金を出してアレはいくらなんでも・・・って感じなものもしばしば。

なので沖縄では工場パンはあきらめて、パン屋の食パンを食べるようにしていました。こちらも美味しいか否かはギャンブルですが、少なくとも那覇新都心の「秀のぱん工房 窯」の食パンはとても美味しいのですが、いかんせん新都心でもかなり奥まった場所にあるので、買いに行くのが大変。しかも日祝定休で休みの日には手に入らないし、何より午後になると売り切れ状態で、手に入らないこともしばしば。

そういう意味では工場パンは確実に手に入るので助かるのですが、工場パンの定番「ヤマザキ」がないのはホントに辛いです。もちろん沖縄の工場パンでも美味しいものもあるのかもしれませんが、いかんせん一度買うと一斤分我慢しなければならないので、なかなかいろいろ試すことができません。

しかし、たまたま行ったスーパーで「半額シール」が貼られている工場パンを発見。ダメもとで買ってみたところ、それがかなり美味しかったんです。

その名は・・・

ぐしけん「ふくらしゃ」

名前の通り、ふっくら系のパンですが、そのふっくら感がとにかくいい感じ。しかも日にちが経ってもそのふっくら感はそのまま。冷蔵庫に入れてもそのまま。ふっくら系が好きな私にはかなりの好みでした。味はそんなに強くないので、バターやマーガリンを塗るとちょうどいい感じ。先の「窯」の食パンはバター味が強いので、パンそのものは美味しいのですが、他との相性はイマイチでしたが、この「ふくらしゃ」は食感だけではなく、他の素材との相性も良いんですよね。

税抜きで一斤232円。税込みだと250円。先の「窯」も一斤260円とかだったので、工場パンとしてはそんなに安くはありません。でも工場パンなので賞味期限が近くなると割引シールが貼られるので、最大半額になると125円!ちなみに賞味期限間近でも、買ってすぐに冷凍すれば十分日持ちします(多分w)。

何よりこの「ふくらしゃ」。焼くとさらに美味しいんです。中はふわふわ、外はかりっとしていて、特に4枚切りはお気に入りです。もちろん味自体ははるかに「窯」の方が美味しいですが、何よりどのスーパーでも売っていますし、もしかすると半額や割引になる場合もありますからね〜^^ゝ

我が家の冷凍庫には常にこの「ふくらしゃ」が入っています^^ゝ

このパンなら本土のヤマザキの「芳醇」や、パスコの「超熟」より上だと思います。まぁ沖縄の工場パンは外れが多いですが、パン屋さんの食パンは美味しいところが多いので、パン食の人はパン屋のものを買っていると思いますけどね^^;

ちなみに私はパンよりお米派ですwww

沖縄のお米も美味しくないので、いろいろ苦労していますが^^;;;(お米は本土産で本土精米ものをネット通販で購入)

(写真引用:ぐしけんパンHP

ぐしけん「ふくらしゃ」の製品情報
4906491973525.jpg

posted by 離島ドットコム管理人 at 11:14 | パン/スイーツ/ケーキ

2017年01月21日

奄美の食堂「島とうふ屋」の揚げ出し豆腐セット&サービス豆腐




以前から気になっていた、奄美大島の空港と名瀬市街の間にある「島とうふ屋」。最初は豆腐工場があるだけかと思っていましたが、奥に店舗もあって美味しい豆腐料理を頂けるとのこと。今回は名瀬市街からバスで行きました!

といっても近くにバス停はなく、1kmほど離れたバス停から徒歩。でもそのバス停の島とうふ屋とは反対側に、お気に入りのスイーツ店「こっこ家」があるので、ついでに両方とも行った次第です。

お店は午前11時開店で、定休日は特に書いていないので離島でよくありがちな「不定休」かな?国道58号線の入口から少し坂を上った先にお店があり、駐車場も広々しているので車で行っても問題ないでしょう。

店内は昭和的なレトロな感じで、テーブル席の他に座敷席もありました。メニューは定食がメインですが、軽食でも十分お腹がいっぱいになります。その理由は、なんと!食べ放題のサービス豆腐があるから。タレや出汁も何種類もあって、これが無料サービスでいいの〜?ってレベルでした。でも島とうふ屋なので、頼むメニューも豆腐料理。サービス豆腐があるなら、豆腐以外の料理も食べたくなりますね。

今回は軽食の「揚げ出し豆腐セット」を頼みましたが、それでも小鉢が何種類もあって、男性でも満足できるレベルでした。もちろん豆腐の味はともていい感じで、もう少し名瀬市街に近ければ何度でも足を運びたくなるお店でした。豆腐好きなら奄美大島へ旅行の際は必ず行くべし!

そして食後は島とうふ屋から1.5km先の「こっこ家」のスイーツを!シュークリームがおすすめです。ちなみにこの2つのお店の間に美味しいパン屋もあり、こっこ家の先にはファミレス「ジョイフル」もあるので、このエリアはまさにグルメ街道。注目です^^v

島とうふ屋の情報
【電話】0997-55-4411
【営業時間】11:00-21:00
【定休日】無休
【メニュー】定食800円〜/マーボー丼セット600円/とうふ丼セット500円
【HP】ホームページ

スイーツ「こっこ家」の情報

パン屋「麦の実」の情報




amamishimatofu2016e.jpg休業中でしたが曜日限定で再開したかも
posted by 離島ドットコム管理人 at 10:56 | 沖縄そば/郷土料理

2016年09月05日

離島の「フルーツジュエリーファクトリー」のハニートースト

フルーツジュエリーファクトリーのお店

あやぱにモール(ユーグレナモール)の先にあるカフェ。モール内ではないので注意しましょう。でも軒先が真っ黄色なのでわかりやすい。また目の前が沖縄銀行なので簡単に見つかります。お店の大部分が物販で、カフェは店に向かって右奥の一角です。まぁ業態も物販がメインで、カフェがおまけみたいな感じなので、このレベルでちょうど良いのかもしれません。むしろ買い物ついでにカフェで休憩というスタイルが良いかもしれません。

フルーツジュエリーファクトリーの店内フルーツジュエリーファクトリーのカフェスイーツメニュー

お店は入口近くのカウンターで注文して席で待つスタイル。席数が少ないですが、メインは物販なのでカフェが混雑することはそんなに無いかもしれません(といっても私の時はほぼ満席)。カフェ自体はとてもキレイで、物販側の工房内が見えるのもなかなかいい感じ。窓も大きく店内は明るいので、居心地はとても良かったです。

でもメニューがわかりにくく、結局お店の外に置いてある看板を見て注文しました。なのでカフェする場合は、まずはお店の外で一考してから入店をおすすめします。個人的には「オモト」というマウンテンパンケーキ(笑)がとても気になりました。なにせパンケーキで3240円ですからね(笑)。

フルーツジュエリーファクトリーのハニートーストフルーツジュエリーファクトリーのハニートーストアイス

この時は真夏でとても暑かったので、熱々のパンケーキよりも、アイスクリームがいっぱいトッピングされたハニートーストを注文。ホイップよりもソフトクリームです(笑)。でもハニートーストも、お店の名前らしくフルーツがいっぱいトッピングされていて、逆にこれを頼んで良かったと思いました。まさに宝石のようなフルーツって感じで、見た目は一押しです。

でもトーストは想像とは違ってかなり小さめ。宮古島のシーショアのものと比べちゃだめですね(あっちは1斤レベル)。まぁカフェ休憩するにはちょうどいいレベルでしたが、がっつり食べたい方には物足りないレベル。でもドリンクが+200円でセットになり、しかもかなりの量だったので、コスパはなかなかいいと思います。それでも離島のカフェで1000円はちょっと高いけど、ネタ的にこのフルーツの盛り合わせは南国っぽくていいと思います。

けどやっぱりいつかは「オモト」を食べてみたいですね(笑)。



【店名】フルーツジュエリーファクトリー
【電話】0980-87-5524
【営業時間】12:00-20:00
【定休日】不定休
【HP】公式ホームページ

fruitsjerry-4.jpg休業中でしたが曜日限定で再開したかも
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:33 | パン/スイーツ/ケーキ

離島のカフェ「うぷんみ」のうずまきパンのフレンチトースト

平良港やパイナガマビーチから少し内陸側に入った場所。県立宮古病院へと向かう大きな道沿いにあるのですが、お店本体はやや奥まった場所にあります。でも大きな道路には看板がありますので、何とかたどり着けると思います。以前は「さんどいっち CAFE うぷんみ」という名前でしたが、最近は「CAFEうぷんみ」だけになっています。営業時間も11時からだったものが11時半になったり、コロコロ変わっていますので、行かれる際は直接確認した方が無難です。

うぷんみのお店はやや奥まった場所うぷんみの店内

お店は区画分譲地の一角にあるような感じで、その一番奥にあります。軒先にテラスがありますが、入口はやや狭くてわかりにくく、ちょっと入りにくかったです。お店自体は広々としていますが、席の大部分が木の堅いイスだったので、座り心地はイマイチ。長居はあまりできそうな感じじゃなかったです。また水はセルフなので、自分でコップに氷と水を入れていただきましょう。

以前は店名通りにサンドイッチのお店かと思いましたが、現在はオーガニック野菜とピザのお店って感じのようです。でもここで注目なのは宮古島らではのスイーツ。宮古島というか伊良部島では知らない人は居ない「うずまきパン」、そのフレンチトーストです。

うぷんみのうずまきフレンチトースト

そもそもフレンチトーストは、卵と牛乳を混ぜた液にパンを浸けて焼き上げるもの。つまりそのパンがうずまきパンになっただけですが、宮古島ならではのパンだけに期待大です。でも実際に頂くと、あの甘々なうずまきパンの味は感じられず、逆に甘さが抑えられている感じでした。まぁそれはそれで良いのかもしれませんが、うずまきパンを知っているとやや物足りなさを感じます。

しかもドリンク抜きで650円(だったかな)だと、ドリンク込みで1000円前後。離島のカフェとしてはかなり高い。しかもうずまきパンは通常1個150円(笑)。コスパというか費用対効果がちょっと足りない気がしました。まぁ宮古島でもなかなかない、うずまきパンのスイーツですが、ちょっと割高感が否めないものでした。ネタ的には1回だけでいいかな?って感じです。

【店名】カフェうぷんみ
【電話】090-6868-0277
【営業時間】11:00-18:00/19:00-21:00
【定休日】不定休
【HP】Facebookページ
【HP】離島ドットコムの情報/クチコミ

miyakoupunmi-3.jpg休業中でしたが曜日限定で再開したかも
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:02 | パン/スイーツ/ケーキ

沖縄の「ゼブラフレンチ」のフレンチトースト

まだいただけるのかな?最近、「ゼブラフレンチトースト」の看板がなくなり「天下無双カレーマニア」の看板に付け変わっているようだけど・・・・

ゼブラフレンチがある恩納サンセットモール国道側フードコート内の軒先のゼブラフレンチ

恩納村の「いんぶビーチ」と国道58号線を挟んだ場所にある「恩納サンセットモール」内の「おきなわグルメタウン」というフードコート内にあるお店。

そもそも「ゼブラパン」というものを本土の方は知らないと思いますが、沖縄では有名などっちかというと菓子パン。それをフレンチトーストにして提供してくれるというので、まさに「沖縄ならではのフレンチトースト」です。

お店は屋外のフードコート的なところにあり、屋根はあるものの基本的に屋外なので、夏場は超暑い。しかも国道58号線が目の前なので、交通量もかなり多くてかなり騒々しい。でもサンセットモール内には様々なお店があり、青空市場的なものもあって、地元の人もよく来るみたいです。

でも基本は観光客がメインで、いんぶビーチの他にかりゆしビーチも近くにありますし、何よりモール裏の高台には「かりゆしビーチホテル」や「マリオット」など大規模なホテルがあります。ホテルへの往復途中や宿泊中に立ち寄ることも想定しているのかもしれませんね。でもホテルとは猛烈な坂道を経由しないと往来できませんので、基本、車で通りかかった人が来るお店かな?

フードコート内のゼブラフレンチゼブラフレンチのフレンチトースト

それはさておき、冒頭にもあったように、もともとは「ゼブラフレンチトースト」のお店でしたが、最近はカレー専門店になったみたいです。でもメニューにはまだ残っているようなので、無くなる前にお早めに(笑)。

っというのも、このゼブラフレンチ。ゼブラパンを知らなくてもかなり美味しいと思います。何より鉄板による提供なので、熱々ほくほく。しかもきちんと中まで味がしみこんでいて、もともとのゼブラパンの甘さもあっていい感じ。シロップ無しでも十分甘々です(笑)。

メニューの中にトッピング有りのものもありますが、甘々なのでトッピング無しの方がおすすめです。

問題はカレー屋に業態変更しているので、今後もこのメニューがあるか否か微妙なところ・・・^^ゞ

【店名】焼きパン工房ゼブラフレンチ(恩納サンセットモール内)
【電話】098-967-7552
【営業時間】11:00-18:00
【定休日】水曜
【HP】公式ホームページ

zebrafrench-4.jpg休業中でしたが曜日限定で再開したかも
posted by 離島ドットコム管理人 at 13:59 | パン/スイーツ/ケーキ