ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2015年03月26日

那覇のカフェのフレンチトースト「C&Cブレックファースト」

C&Cブレックファースト外観C&Cブレックファースト店内

最近、ちょっとはまっているカフェです。いわゆる「1日中朝食メニュー」がいただける、本土で言うとサラベスなどと同じような感じのお店。もちろん沖縄ローカルなので気軽に入れるカフェだと思います。ただし人気のお店なのでタイミング次第では待ち時間も生じる可能性もありますので、行かれる際は時間に幅を持たせていきましょう。開店直後なら問題無く入店できますが、開店10分もすると席は満席近くなりますので、どうしても待ち無しで行きたい方は開店時間ぴったりに行くと良いでしょう。

場所は国際通りからアーケードに入り、さらに小道に入ったところにあります。ドンキホーテ脇のアーケードに入り、最初の小道を右に曲がればすぐにたどり着けます。この小道を見逃さなければ簡単にたどり着けると思います。


今回はフレンチトーストについてレポートしたいと思います。

C&Cブレックファースト フレンチトーストC&Cブレックファースト フレンチトースト

フレンチトーストと言えばやや「軽食」のイメージがあり、あまり満腹感を感じない「カフェメニュー」のような気がしますが、このC&Cのフレンチトーストはボリュームがかなりあります。

中ぐらいのデニッシュが3枚もあって、よくあるフレンチトーストの「倍」のボリューム感。ホイップとグラノーラ、そしてストロベリーソースも載っていて様々な味わいを楽しめます。

フルーツスペシャルという果物盛りだくさんのメニューもありますが、「+600円」はややお高い印象。オリジナルでも十分満足できるレベルだと思います。

ちなみにオリジナルフレンチトースト単品だと800円ですが、+200円でコーヒーや紅茶をセットにすることができますので、オリジナルならちょうど1000円(税抜)。朝食としてはやや割高に感じますが、このボリューム感からすると納得です。

沖縄で食べるフレンチトーストの中では総合力としてはトップクラスの味だと思います。パン、ソース、トッピング、そのバランスがとても良いフレンチトースト。ただセットドリンクのコーヒーも紅茶も味はイマイチ。まぁセットドリンクということで割り切りましょう(笑)。



【店名】C&Cブレックファースト
【電話】098-927-9295
【営業時間】平日09:00-17:00/土日祝08:00-17:00(LO16:00ぐらい)
【定休日】火曜
【HP】公式ホームページ
【メニュー】スフレパンケーキ800円/オリジナルパンケーキ800円/オリジナルフレンチトースト800円/各種フルーツスペシャル1400円/エッグベネディクト1000円/ドリンクセット+200円

ccbreakfastfrenchtoast-1.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 09:01 | パン/スイーツ/ケーキ

那覇のカフェのスフレパンケーキ「C&Cブレックファースト」

C&Cブレックファースト外観C&Cブレックファースト店内

最近、ちょっとはまっているカフェです。いわゆる「1日中朝食メニュー」がいただける、本土で言うとサラベスなどと同じような感じのお店。もちろん沖縄ローカルなので気軽に入れるカフェだと思います。ただし人気のお店なのでタイミング次第では待ち時間も生じる可能性もありますので、行かれる際は時間に幅を持たせていきましょう。開店直後なら問題無く入店できますが、開店10分もすると席は満席近くなりますので、どうしても待ち無しで行きたい方は開店時間ぴったりに行くと良いでしょう。

場所は国際通りからアーケードに入り、さらに小道に入ったところにあります。ドンキホーテ脇のアーケードに入り、最初の小道を右に曲がればすぐにたどり着けます。この小道を見逃さなければ簡単にたどり着けると思います。


今回はパンケーキの中でも「スフレパンケーキ」をレポートします。

C&Cブレックファースト スフレパンケーキC&Cブレックファースト スフレパンケーキ

スフレパンケーキというと一般的にはスポンジ生地で厚さがあるものを想像しますが、ここはスポンジ的では無く「ふわふわ」って感じのものになります。なのであのスポンジのパサパサ感は無い違った印象でした。

印象からすると「ビルズ」のパンケーキに近かったかな?生地はふわふわでとにかく優しいイメージ。

今回はベリー系ではなくパッションフルーツのソースで頂きましたが、生地の優しい食感からするとパッションよりベリー系の方が合っているかな?パッション系も美味しかったのですが、最後でソースが足りなくなって物足りなさを感じてしまいました。リリコイバターやチーズも載っていますが、パンチが少ないので次回はベリー系のソースで頂きたい次第です。

フレンチトースト同様にフルーツスペシャルもありますが、スフレ単品800円に「+600円」はちょっとお高い。あと+200円でドリンクセットもありますので、1000円(税抜)ちょうどで楽しめるのでドリンクセットがオススメだと思います。

フレンチトーストはお腹いっぱいになりますが、このスフレパンケーキは朝食にちょうど良い感じ。



【店名】C&Cブレックファースト
【電話】098-927-9295
【営業時間】平日09:00-17:00/土日祝08:00-17:00(LO16:00ぐらい)
【定休日】火曜
【HP】公式ホームページ
【メニュー】スフレパンケーキ800円/オリジナルパンケーキ800円/オリジナルフレンチトースト800円/各種フルーツスペシャル1400円/エッグベネディクト1000円/ドリンクセット+200円

ccbreakfastsouffle-1.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 09:00 | パン/スイーツ/ケーキ

那覇のカフェのパンケーキ「C&Cブレックファースト」

C&Cブレックファースト外観C&Cブレックファースト店内

最近、ちょっとはまっているカフェです。いわゆる「1日中朝食メニュー」がいただける、本土で言うとサラベスなどと同じような感じのお店。もちろん沖縄ローカルなので気軽に入れるカフェだと思います。ただし人気のお店なのでタイミング次第では待ち時間も生じる可能性もありますので、行かれる際は時間に幅を持たせていきましょう。開店直後なら問題無く入店できますが、開店10分もすると席は満席近くなりますので、どうしても待ち無しで行きたい方は開店時間ぴったりに行くと良いでしょう。

場所は国際通りからアーケードに入り、さらに小道に入ったところにあります。ドンキホーテ脇のアーケードに入り、最初の小道を右に曲がればすぐにたどり着けます。この小道を見逃さなければ簡単にたどり着けると思います。


今回はオリジナルパンケーキをブルーベリーで頂きました。バナナ版もあります。

C&Cブレックファースト パンケーキC&Cブレックファースト パンケーキ

相変わらずボリューム満点のパンケーキで、サイズも大きめですが、厚さも結構あり中央部分が大きく膨らんでいる感じ。

オリジナルクリームとストロベリーソースが載っていましたが、ブルーベリーはどうやら生地に練り込んであるらしい。その食感と味のアクセントがなかなか良かったです。バナナ版はさすがに練り込まずにトッピングだと思います。

生地はシロップなどが染みこみやすいもので、自分でかけるシロップがありますので自由に味をコントロールできます。

ただこの生地はシロップなどの水分を含むとフォークとかで持ち上げる際に形が崩れやすくなっていますので、シロップはカット後に都度かけた方がおすすめ。最初に一気にかけると生地が崩れてしまいます。

このメニューもフルーツスペシャル版がありますが、オリジナルだけでもボリュームは十二分にありますので、ドリンクセット(+200円)とオリジナルでちょうど1000円(税抜)で十分満足できると思います。

ホイップたっぷりの最近のパンケーキとは違いますが、シンプルでとても美味しいパンケーキだと思います。個人的にはスフレパンケーキよりこちらの方が好きかな?

何人かで行ってオリジナルパンケーキとスフレパンケーキ両方注文してシェアするといいかもしれません。



【店名】C&Cブレックファースト
【電話】098-927-9295
【営業時間】平日09:00-17:00/土日祝08:00-17:00(LO16:00ぐらい)
【定休日】火曜
【HP】公式ホームページ
【メニュー】スフレパンケーキ800円/オリジナルパンケーキ800円/オリジナルフレンチトースト800円/各種フルーツスペシャル1400円/エッグベネディクト1000円/ドリンクセット+200円

ccbreakfastpancake-1.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 08:59 | パン/スイーツ/ケーキ

2015年03月09日

離島のパン&ケーキ屋さん「城乃屋」のロールケーキ

城乃屋外観城乃屋パンコーナー

与論島の隣の離島「沖永良部島」のパン屋さん。

沖永良部島には奄美や九州でお馴染みの焼きたてパンがいただける「エブリワン」が無いので(似たコンビニは1軒ありますが)、パンを購入するのはなかなか大変かと思っていましたが、メイン通りからちょっとだけ裏手に入ったところにありました。

まさに離島のパン屋さん。

しかもパンの種類もかなり豊富で、与論島のベーカリーヒロヤにかなり近い印象のお店。菓子パンや総菜パンが多いですが、意外と食パンがとても美味しかったです。ふわふわもちもちで日にちが経ってもその食感は変わらないというすごさ。しかも夕方ぐらいかな?切れ端や型崩れしたアウトレット的な食パンを売っていてこれがめちゃくちゃリーズナブル。もちろん味はふわもちそのままで、菓子パンや総菜パンも良いですが、ここのパンは「食パン」が是非ともおすすめかと思います。

でも今回は行った時期がクリスマスシーズンと言うことで、パンと並んで目玉になっているケーキコーナーをチェックしてきました。

城乃屋ケーキコーナー(クリスマスバージョン)城乃屋ケーキコーナー(クリスマスバージョン)

意外や意外。種類が豊富。プライスタグには全て「クリスマス」って商品名になっていますが、どう見ても普段のまんまで名前だけそうした感じのものが多かったので、逆にクリスマスの時期でも普段通りのケーキのラインナップを見ることができるってことですね。特に上段のカットケーキはまさに普段のものを名前を変えただけ(笑)。でも下段はなかなかのデコレーションのホールケーキが並んでいたので、離島でも豪華なクリスマスケーキをいただけるんですね。

城乃屋ホワイト&チョコロールケーキ今回は大好きなロールケーキが欲しくてやってきたのですが、ちょうどクリスマスということで「ブッシュドノエル」をカットした感じのものが売っていました。といってもこれも普段のロールケーキにちょっと手を加えた程度なんでしょうが、嬉しいことに白のホイップのものと黒のチョコホイップのものの2種類があったので両方とも購入。

しかも1個280円と激安!ボリュームも意外とあって厚さは通常のロールケーキの1.5倍ぐらいでカットされていました。まぁデコレーションを載せるにはこれぐらい必要になるのかもしれませんが、それでもCP(コストパフォーマンス)はかなり良いと思います。

ちなみに白でも黒でも載っているものは一緒でしたけどね^^;(イチゴ/みかん/ブルーベリー)

購入したタイミングが港に行く途中だったので、船に乗ってから食べたかったのですが、そこまで我慢できず(っていうか船待ちの時間が1時間以上あったので)、ついつい待合所で食べてしまいました。スプーンも無かったのでそのままかじりつき!

でもカット幅が広かったのでかじりつくのも大変でしたけどね^^ゞ

城乃屋ホワイトロールケーキ城乃屋チョコロールケーキ

味はショートケーキとチョコレートケーキの丸い版って感じで、いわゆる最近のロールケーキのようなしっとりしたホイップではなく、デコレーションで使うようなホイップでしたので、ロールケーキ的な感覚よりショートケーキ的な感覚だったかな?

でも味は甘すぎずちょうど良い頃合いで、何よりも2個で500円ちょっとでこのボリュームは凄いです。

2個で十分お腹いっぱいになるレベル。

急ぎ足で食べるのでは無く、島に宿泊した際に宿に持ち帰ってゆっくり食べたかったものです。

ちなみにケーキの種類も豊富だったので、次回はロールケーキ以外のものにもチャレンジしてまたレポートできればと思います^^v



【店名】城乃屋/パティスリーJYONOYA
【電話】0997-92-3533
【営業時間】09:00-19:30
【定休日】日曜
【HP】離島ドットコムの情報/クチコミ
【メニュー】
・あんぱんマン125円
・メロンパン115円
・芋デニッシュ135円
・ロールケーキ白/黒(チョコ)280円
・しちごショートケーキ340円
・チーズケーキ250円
・ショコラケーキ260円


erabujyonoya-4.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 18:02 | パン/スイーツ/ケーキ

2015年01月23日

離島のカフェ「Akuru(アクル)」のパンケーキ

Akuru外観Akuru内観

外観や店内の内容は「カレーの記事」を参照して頂くこととして、今回はカフェタイムのスイーツについてレポートしたいと思います。といっても特にカフェタイムとかランチタイムとかの時間の区切りは無いとは思いますが、一応夜は居酒屋になるので午後5時までがカフェタイムになると思います。

AkuruカフェメニューAkuruカフェスイーツ一覧

多分ランチタイムでもカフェメニューはあって注文もできると思いますが、それにしても離島のカフェとは思えないほどカフェメニューが充実。っていうかスイーツメニュー(笑)。

特に離島でパンケーキはなかなか頂けないところに、ここではスイーツ系パンケーキが3種類、お食事系パンケーキが1種類とかなり充実。確かに夜はお好み焼きなど鉄板焼き居酒屋になるのでパンケーキを焼くのはお手の物かと思いますし、お好み焼きもパンケーキも同じような粉ものですからね(笑)。もちろんここではきちんと注文があってから焼いてくれますので喫茶店の簡単なレンチンものとは違って期待できそうです。

ただ1点気になるのはドリンク付きでは無いこと。それでこの価格はちょっと高く、ドリンクが400円以上なのでパンケーキだと1000円超えちゃいます。せめてドリンクを頼んだら割引とかにしてくれるとかの配慮が欲しかったですね〜^^;

ちなみにパンケーキ以外ではパフェ3種、ケーキ3種。でも一応このお店の名前「カレーハウス」(笑)。それでこのスイーツの充実ぶりは圧巻です。まぁお店を切り盛りしているのが母娘(多分)なので女性系のメニュー構成なのかもしれませんね。

和泊市街からも気軽に行けるので、毎日行っても飽きないと思いますwww

そして今回は離島では珍しいパンケーキを頼むこととしました。チョコバナナと最後まで迷いましたが、レモン風味が魅力的だったので「レモンカスタードソース」のパンケーキを注文しました。

AkuruレモンカスタードソースパンケーキAkuruレモンカスタードソースパンケーキ

キッチンが近いのでどんな作業をしているか音で分かっちゃいます(笑)ので、注文してから卵を溶いたり粉を混ぜたり、そして焼いたりするのが手に取るようにわかります。つまり注文があってから全て行うので時間はかかりますが作り置きでは無いのでまさに焼きたてのものを頂けます。キッチンが見えないとレンチンなのか焼き直しなのか焼きたてなのかわかりませんからね。離島のお店ならではなのかもしれませんが手に取るように作業が分かりました(笑)。

パンケーキは小ぶりだけど厚さもほどほどあるものが3枚。ヤマザキのホットケーキサンドより一回り大きい感じで厚さはさらに太い感じ。トッピングもキレイにされていてとても離島のパンケーキとは思えない出来映えだと思います。ちなみにこの離島(沖永良部島)はジェット機も発着できない小さな空港しかない島です^^ゞ

でもカスタードソースはいずこ???トッピングはホイップとレモンのみでソースはありますがカスタードの色とはちょっと違う。

そのソースをかけてみると確かにカスタードっぽい味はしますが、一般的なカスタードのようなドロッとした感じでは無く液体に近いさらっとした感じ。ちょっと想像と違いました^^ゞ

でもそのおかげで全体的にさっぱりしていてレモン風味が引き立っていましたね。甘さ控えめって感じでとても美味しかったと思います。またパンケーキも注文があってから焼いてくれているだけにもちもち。パンケーキそのものも離島とは思えない出来でバランスも良くて美味しかったです。

特にレモンとホイップやソースの相性が良かったな〜。

でも次はチョコバナナをチャレンジしたいな(笑)。

Akuruドリンクメニューでも気になるのは先の話にもあったようにドリンクセットないしドリンク割引が無いので、パンケーキとコーヒーを注文すると1000円を超えてしまうどころか1200円前後にまでなってしまいます。

確かに本土の有名店はパンケーキだけで1200円するところが多いですが、でも有名店で無ければドリンクセットで1000円ちょうどぐらいのお店が多いので、ちょっと割高感を感じましたね。まぁ「離島のパンケーキ」というなかなか味わえないものなので付加価値の意味では有りかもしれませんが、リピする場合はやっぱりドリンクとパンケーキで1000円前後に収めて欲しいな〜。ドリンクも決して安くない価格設定なので、どうか今後は「ドリンクセット」など割安感があるメニュー構成をお願いしたいですね。

ちなみにケーキのの場合は「ケーキセット」なるものがあってケーキ2個とドリンクで1000円。つまりドリンク相当額は200円(通常は400円以上)。パンケーキも同じようにして欲しいな〜。

でもメニューは多いので次回は「チョコバナナパンケーキ」だけじゃなく先の「ケーキセット」も制覇したいですし、パフェも気になりますね。

沖永良部島はそんなに大きな島じゃ無いのですが、このカレーハウスのスイーツ(笑)もありますし、ケーキ専門店もありますし、あとパン屋のケーキもあって以外とスイーツは充実しています。その代わり奄美で有名なコンビニ「エブリワン」のスイーツ系できたてパンが無いので、その分、こういうお店で補完しているのかもしれませんね。

ちなみに今回の沖永良部島は完全ノープランで行って、正直グルメ巡りのみでしたがそれが正解だったかもしれません^^v

そういう離島の過ごし方も有りだと思いますよ。


【店名】カレーハウス アクル(Akuru)
【電話】0997-92-0045
【営業時間】昼11:00-17:00/夜19:00-23:00
【定休日】日曜昼夜/木曜夜

okinoerabuakurusweets2014-3.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 09:52 | パン/スイーツ/ケーキ

2015年01月21日

離島のケーキ屋さん「こっこ家」のロールケーキ

こっこ家 入口奄美大島では意外と有名なお店かもしれませんが、名瀬市街からかなり遠く、ちょうど空港との間にある感じかな?国道58号線の龍郷町役場と和光バイパスの中間にあり、近くに「ビッグ2」という大型スーパーがあるので比較的探しやすいかもしれませんが、店舗そのものは国道58号線よりやや高い場所にあるので気づかずに通り過ぎてしまう場合もあるかもしれません。もちろん国道側に大きく「こっこ家」の看板も出ていますので、空港からだとビッグ2を越えたら要注意、名瀬市街側からだと本茶トンネルを抜けてしばらく移動したあとに中勝集落に入って右カーブになったらすぐかな?

ちなみに最寄りのバス停は無いですが、5分ぐらい歩きますが「町営住宅前」ないし「中勝」になると思います。歩道もあるのでそんなに気になる距離じゃ無いですし、名瀬市街と空港間を結ぶバスなので本数はある程度ありますしね。

あとお店の入口は国道側とは反対の山側にありますので、国道からぐるりと裏に回ってお店の中に入る感じになると思います。駐車場も台数がかなり停められそうだったので車で行っても問題無いと思います。

こっこ家 ショーケース2・生菓子/ケーキこっこ家 ショーケース1・シュークリームこっこ家 焼き菓子もあります

お店に入ると目の前に生菓子のショーケースがあって、向かって右にシュークリームのショーケースとレジ、そしてお菓子工房的な場所があり、左に焼き菓子コーナーがあってそのさらに先に庭があります。

最初に目に入ってくるのが生菓子のショーケースで、こっこ家定番の「ロールケーキ」と「プリン」が並んでいます。ただ今回はちょうどクリスマス時期だったので、いつもとは違ったショーケースになっていて、もちろん目立つ最上部にクリスマスケーキがありました。離島とは思えないレベルのクリスマスケーキでしたが、お目当てはロールケーキだったのでスルー(笑)。っというのもこっこ家のロールケーキはすぐに売り切れちゃうので、その有無の確認が最優先です^^ゞ

あとその生菓子の右にシュークリームのショーケースもあってこれもこっこ家定番。というのもこっこ家のシュークリームは注文があってから中にクリームを注入するので買ってしばらく経っても外のパリパリ感はそのままで頂けます。

もともと「みなみくんの卵」という名前も店名に入っていたぐらいで、とても新鮮な卵を利用したカスタードクリームはこのお店の象徴かもしれませんので、この後から注入するクリームはまさにこのお店ならではと思います。

入って左にはお土産にも重宝する焼き菓子が並んでいて、特に「黒糖焼酎パウンド」が目立っていましたが、焼酎や泡盛が苦手なので興味本位で食べてみたかったけどパスしました。他にもマフィンもいろいろあってお土産にはとても良いと思います。

またその焼き菓子コーナーの先に庭に出ることが出来る出入口があってその先にテーブルとかもあったのでどうやら「イートイン」ならぬ「イートアウト?」的な空間があるみたいでした。

こっこ家 定番のプリンとチーズケーキこっこ家 ロールケーキは売り切れ必至こっこ家 シュークリームは注文後にクリームを注入

プリンは前回来たときにいろいろ頂きましたのでパスして、今回はロールケーキとシュークリームを何種類か購入することにしました。

時期的にクリスマスだったのでロールケーキの種類は少なめでしたが、それでも定番のこっこロールの他にも黒糖ロールや抹茶ロールもあって迷ってしまいましたが、今回はこっこロールと黒糖ロールを買うこととしました。

ちなみにこっこ家のロールケーキは1本がかなり太めで最近のロールケーキの1.5倍ぐらいありそうです。長さもかなりあるのでボリュームはすごいです。なのに1本税込みで1013円とかなりお買い得。しかもハーフサイズも買うことが出来ますので、今回はこっこルールと黒糖ロールそれぞれハーフで頂くこととしました。ちなみにさらにカットもしてくれるので、ハーフをそれぞれ3カットしてもらいました。

っというのも先のイートインスペース的なところで1切れ頂きたかったもので^^ゞ

あと定番のシュークリームも購入。注文後にクリームを入れるので時間はかかりますが、まぁその間は店内をいろいろ見ていても飽きないですからね。特にクリスマス時期だったのでブッシュドノエルなども面白かったので待っている時間をほとんど感じませんでした。

こっこ家 クリスマスバージョンこっこ家 クリスマスバージョンこっこ家 クリスマスバージョン

そして注文したものが出来たら店の出口には行かずにそのまま焼き菓子コーナーへ向かい、そこを通り過ぎて外の庭へ。

イートインコーナーへ。

でも初めてだったので単にテーブルとイスがあるだけかと思っていましたが、なんと!無料のコーヒーサーバーがあって、温かいコーヒー(砂糖入り)を紙コップで自由にいただけるようになっていました。夏はアイスコーヒーになっているのかな?

どちらにしてもケーキ屋のイートインコーナーで無料のコーヒーがあるのは感動ですね。

テイクアウトするだけじゃ多分この場所もコーヒーの存在も気づかなかったと思いますので、今回の自分の「食欲」に感謝です(笑)。実を言うとホントはそのまま持って帰って宿で食べる予定でしたが、あまりに美味しそうだったのですぐに食べたくなっちゃいました^^ゞ

こっこ家 店の裏にイートインスペース有りこっこ家 無料コーヒーもあります

ちなみにシュークリームは前回も頂いたのでそのまま持ち帰ることとして、今回はロールケーキをお店の庭で頂きました。そのためにハーフサイズをあらかじめカットしてもらった次第です^^v

多分頼めば皿もフォークも貸して頂けたのかと思いますが、今回はロールケーキだったのでそのまま手に持てば食べられるのでそのままで^^ゞ

こっこロールと黒糖ロール。

こっこロールは定番の生クリームのロールケーキで、生地にも甘みがあってちょっと甘かったかな?でもコーヒーには合う感じだったので無料のコーヒーがあってホントに良かったです。

黒糖ロールはよく見て買わなかったのですがクルミが入っていました。食べた瞬間クルミの味がしてとても美味しかったです、ちょうど「トップス」のチョコレートケーキのような味わいで、個人的にもあのケーキは大好きだったので、こっこ家の黒糖ロールははまりそうな味です。

ちなみにこっこ家のロールケーキ。注文したシューへのクリーム注入やロールケーキのカットしている間に残っていたものはほぼ売り切れ状態。かなりの人気商品なのでもしロールケーキをお求めの場合は早めの時間をオススメします。

プリンやシュークリームは意外とあとの時間でもありそうですが、ロールケーキは種類によってはすぐに無くなりそうですからね。今回も私が買わなかった抹茶以外は売り切れ状態になっていました^^ゞ


とりあえず今回の奄美での大きな目的でもあった「こっこ家のロールケーキ」は制覇しましたが、でも先の「黒糖ロール」はかなりはまりそうなので、次回も是非とも立ち寄りたい次第です。どのみち空港からなら名瀬市街までバス移動で前を通りますし、奄美北部の海巡りの際もここは通りますからね〜(通らない山側のルートもありますがこっちの方が近道)。

奄美大島でスイーツをお求めの場合はこの「こっこ家」は外せないと思います。

ちなみに近くの中勝集落に薪の石窯焼パンの「麦の実」というお店がありますので、あわせて行くのもいいと思いますし、あと空港側にも「ビッグ2」というスーパーと「ジョイフル」というファミレスもありますので、基本は何も無いエリアですがこの周辺は意外と充実しています。

でも民家はほとんど無いですけどね(笑)。

意外と穴場のこのエリア。是非お越しくださいませ。


【店名】こっこ家
【電話】0997-62-5511
【営業時間】11:00-18:30
【定休日】不定休
【HP】離島ドットコムの情報/クチコミ

DSC01977.JPG
posted by 離島ドットコム管理人 at 06:04 | パン/スイーツ/ケーキ

離島のカフェ「サンドイッチカフェあまみ」のフルーツサンド

サンドイッチカフェあまみ場所はとてもわかりやすく、正直最初は行くつもりはそんなに無かったのですが、たまたま降りたバス停の目の前にあったので行ってしまいました^^ゞ

カフェも併設しているサンドイッチ専門店「サンドイッチカフェあまみ」。

空港発のバスに乗って名瀬市街に入り、「名瀬郵便局前」で降りると目の前にあります。今回も終点まで行くと宿泊先から遠くなるのでその手前で降りようと思ってティダモールも近いこのバス停で降りたのですが、まさか目の前にカフェがあったとは!?

ちなみにこのカフェ。まさに空港から出ているバスの中で読んでいたものに掲載されていて、まぁ滞在中にサンドイッチを買いに行ってもいいかな?程度だったのですが、バスを降りて目の前にあったら行くしか無いですね。

店内は入口近くにサンドイッチに販売コーナーがあって、その奥にカフェの飲物を注文するレジがあるので、ちょうど「ミスド」のような感じかな?そのさらに奥にカフェスペースがある感じです。

行った時間は午後4時とか中途半端でしたが、店内はほぼ満席状態。離島のカフェでここまで混んでいるのには驚きました。なのでカフェするのは断念し、テイクアウトするだけにしました。確かに店頭にも「ブレンドコーヒー170円」で多種多様なサンドイッチがあればカフェしたくなりますね〜。奄美にはドトールやスタバは無いので、こういうお店は重宝するのかもしれませんね。

サンドイッチカフェあまみ フルーツサンドとタマゴサンド今回購入したのはこのお店の定番の「フルーツサンド」と個人的に好きな「タマゴサンド」で、どちらも具材がたっぷり。特にそのフルーツサンドはイチゴが縦にに入る具材の厚さですからね(笑)。タマゴサンドも1つにタマゴが1個以上入っているのでは?ってぐらいでとにかく具材のボリュームが凄かったです。

味はさっぱり系でこれだけのボリュームがあると良い感じ。タマゴサンドもフルーツサンドもぺろりといけちゃいました。

ちなみにタマゴサンドはこのボリュームで「170円」でフルーツサンドは「310円」とどちらも税込みでリーズナブルな価格。

あと午前7時半から午前11時まではモーニングで、サンドイッチに+100円でコーヒーが付けられるらしいです。また飲物だけでも朝はホットコーヒーが130円でアイスコーヒーが150円とリーズナブル。サンドイッチも美味しければそりゃ混みますよね〜。

とにかく立地がいいのでもう少し空いている時間を狙って行ってみたいですね。ホントのことを言うと「フルーツサンド」は売り切れていて今回混入したのは「イチゴとバナナのサンド」って感じでしたが、まぁ似たようなものでしょう。でも翌日にまたこのお店の前を通る際に中を見たらやっぱりフルーツサンドだけは売り切れ。相当な人気なんですね〜。

是非、次の来島の際はフルーツサンドを^^v


【店名】サンドイッチカフェあまみ
【電話】0997-52-1207
【営業時間】平日07:30-20:00/日祝07:30-19:00
(モーニングは午前11時まで)
【定休日】不明

DSC02033.JPG
posted by 離島ドットコム管理人 at 06:00 | パン/スイーツ/ケーキ

2015年01月19日

離島のカフェ「ブラウンシュガー」のフレンチトースト

ブラウンシュガー 外観加計呂麻島の南部。渡連集落入口にあるカフェ。

といっても加計呂麻島自体にカフェどころか飲食店も少ないので、ある意味「ここにカフェ?」って印象ですが、渡連集落には海沿いの宿もありますので、そちらに宿泊の際にのんびりカフェしに行くのもいいと思います。また加計呂麻島に2つある港のうち南の「生間港」からもそんなに遠くないので、徳浜や安脚場など島南端まで観光して帰りに生間港から船に乗る前に立ち寄るのも良いかもしれません。

カフェは茶色い建物でまさに「ブラウンw」。

でも建物は道路よりやや奥にあって存在感は強くないものの、道路沿いに看板がありますのですぐに見つけられると思います。お店に行くにも少し道路から下に降りる感じ。高低差がある敷地の高い部分に建物や道路がある印象です。

ただその高低差がある低い部分にいる犬がとにかく吠えること吠えること。まぁ番犬としてはいい働きなのかもしれませんが、あの吠えっぷりにはかなり驚かされました。距離が遠いので危険性はありませんが、最初はかなり驚きます^^;

ブラウンシュガー 店内ブラウンシュガー インテリア

店内に入るとこぢんまりしたカフェって感じですが、外観同様に木調のインテリアが落ち着きます。ただ音楽が私が居たときは延々同じ邦楽だったかな^^;

でもテーブルの何気ない小瓶に刺さっている観葉植物が良い感じで、全体的に落ち着きがあって居心地は良かったと思います。テーブル席の他にソファ席もあったりして様々なスタイルで過ごすことが出来そうです。

ちなみにお店は道路の山側にありますので、海を望むことは出来ませんが、山側の高台部分にあるので景色を見下ろす感覚は望めると思います。

お店は女性一人で切り盛りしているようで、最初は無愛想?かと思いましたがこちらから話しかけてみるといろいろ話をしてくれるので、まずは何か話をしてみましょう(笑)。今回も加計呂麻島の某施設について聞いてみたらいろいろ話をしてくれて楽しかったです。

話しているときのお母さんは明るくて良いですよ。第一印象はああでしたが(笑)。

ブラウンシュガー フードメニューブラウンシュガー ドリンクメニュー

そしてメニュー。

今回はカフェメインだったのですが、フレンチトーストがあったのでついつい注文しちゃいました。でもフードメニューにはドリンクセットになっているので比較的お得な価格設定だと思います。でもアイスドリンクになると100円増というのが南国らしいですね^^;(氷代は結構かかるのがわかります)

食事系だとホットドッグやサンドイッチやオムライスがありました。カフェ系だと先のフレンチトーストの他はケーキがありましたし、軽食系ではトーストがある感じかな?

まぁ離島のカフェなのでこんな感じかと思います。あと「今月のおすすめ」なるものも有りました。

ドリンクはコーヒー、カフェオレ、紅茶、ココア、ミルクがあって、珍しい時計草ジュースと木イチゴミルクシェイクなどもありましたね。

ブラウンシュガー フレンチトーストそしてフレンチトースト。

でも注文する際に「シナモンは大丈夫ですか?」って聞かれましたが、個人的にシナモン好きなので問題無いものの、苦手な方は無しもできるようです。といってもこのフレンチトーストはシナモン味がメインだったので、無しだとやや物足りないかもしれませんが・・・。

フレンチトースト自体は注文があってから卵に浸けるようで作る時間は少々かかります。あと染み込む度合いも外側だけって感じで、まぁ前もって浸けている訳じゃ無いので致し方なしです。タマゴ感はそんなに強くなかったと思います。

それでもシナモン好きにはこの味はなかなか良かったと思います。

何よりカフェはとても静かで自然の音が聞こえるだけでとても居心地は良かったと思います。店のBGMはまぁあんな感じでしたが(笑)。

ケーキセット以外に「ケーキ付き」のメニューもあったぐらいなので、次回はケーキを頂きたいですね。あとオムライスも気になります。とかく加計呂麻島ではカフェどころか食事するところも少ないので、次回も利用したいと思います。いつもは奄美の古仁屋にあるコンビニでパンを買って持ってきていましたからね〜(加計呂麻島には商店も少ないので)。

加計呂麻島にお越しの際は食事でもカフェでもおすすめなので是非行ってみて、そしてお母さんに話しかけてくださいね(笑)。いい人ですよ〜。

ちなみに相変わらずですが食べログなどの位置情報は全く違いますので、以下の場所が正確なのでこちらを参考にしてくださいね^^ゞ



【店名】ブラウンシュガー
【電話】0997-76-0866
【営業時間】10:00-18:00
【定休日】木曜
【HP】離島ドットコムの情報/クチコミ

brownsugerkakeroma2014-5.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 07:04 | パン/スイーツ/ケーキ

2015年01月16日

離島のカレー&カフェ&居酒屋「Akuru(アクル)」のカツカレー

Akuru外観Akuru内観

沖永良部島のメインの港がある「和泊」のやや知名側の外れにあるカレー屋さん。基本的には「カレーハウス」とのことですが、カフェタイムにはパンケーキなどのスイーツを提供してくれますし、夜には鉄板焼き居酒屋になるという多角経営(笑)。

まぁ確かにランチはカレー、カフェタイムはスイーツ、夜は居酒屋っていうのが一番確実かもしれませんね。

今回はそのカフェタイムにパンケーキがあると知って、それならランチタイムのカレーも頂いてみようと思って行きました。

和泊の外れと行っても役場からはそんなに遠くないのでアクセス面では問題無いと思います(港からは遠いですが)。

店内は先のカレー&カフェ&居酒屋のどれにも対応できるような雰囲気ですが、店内はとても明るく居心地はかなり良いと思います。ただ店内は「土禁」なので入口で靴を脱ぐ必要があるのがやや面倒。まぁ夏ならビーサンなどだから気になりませんが、冬になるといちいち脱ぐのが面倒な靴のこともあるのでちょっと気になります。

その分店内はとてもキレイですけどね。

AkuruカレーメニューAkuruメニュー以外にもいろいろ

そしてカレー。種類はとても多くメニュー以外にも壁面に掲載しているものとか含めるといろいろ選べて迷います。といってもトッピングがいろいろあるだけなので、あとは好みやその日の気分って感じかな?

今回はビーフカレーと20円しか変わらない値段でカツカレーがいただけるので、迷わずカツカレーを注文しました。ちなみにライスの他にナンでも注文でき、あと辛さも「1」から「7」まであるようです。でも「4」以上は1段階上がるごとに20円プラスになるので、今回は加算無しの「3」で注文しました(笑)。

通常のカレーの他にも「スープカレー」や「焼きカレー」があり、何故か「うどん」もあってカレーとしてもいろいろ選べるようです。

ちなみにカツカレーは注文してからきちんと揚げてくれるので、出てくるまで時間がかかりますが、カツはさくさくでした。

AkuruカツカレーAkuru付け合わせサービス

そしてカツカレー。確かにカレーにはほぼ具が入っていないような感じだったのでビーフカレーとカツカレーの20円しか差が無いっというのはわかる気がします。でも個人的にはカツカレーは具無しでも良いと思いますので全く気になりませんでしたね。

インゲンが良いアクセントになっていてかなりオシャレなカレーって感じでした。あと付け合わせの漬け物をサービスしてくれたので、これがカレーの箸休めにはとても良かったと思います。

カレーの味はシンプルで「3」の辛さだとそれほどの辛くは感じません。揚げたてのカツのさくさく感とカレーが良い感じで、良い意味でココイチに近い印象かな?ココイチも素のカレーには具があまり入っていませんよね〜。家庭的なカレーという感じでは無くお店のカレーって感じだったと思います。

これはまた島に来た際にリピはありだなって思いました。何より種類が多いので次回はどのメニューを食べようとか考えられますし、何を食べても値段がそんなに変わりませんので、その日の気分次第でいろいろ選べますからね。

Akuru夜の鉄板焼き居酒屋メニューカフェタイムはまた別の記事で綴りたいと思いますが、居酒屋メニューはこんな感じ。

カレー屋で何故に鉄板焼き?って感じですが、カフェタイムのパンケーキなんかは鉄板を利用することもありますので、まぁそれはそれで有りかもしれませんね。鉄板焼きといってもメインはお好み焼きのようですので、まさに夜のパンケーキ(笑)。

もともと夕食はあまり食べないのでお好み焼きをチャレンジできませんでしたが、次回はお腹を調整して夜にも行きたいと思います。

昼はカレー、カフェタイムはスイーツ、夜はお好み焼きって感じで明確にメニューが変わるので、行く時間を変えて何回でも楽しめそうなのが良いところ。

基本的に親子(母娘)でお店を切り盛りしているようなので、いろいろなメニューに対応するのは大変かと思いますが、是非とも次回も沖永良部滞在時は利用したいお店です。ちなみに娘さんは美人な方だと思います(笑)。


【店名】カレーハウス アクル(Akuru)
【電話】0997-92-0045
【営業時間】昼11:00-17:00/夜19:00-23:00
【定休日】日曜昼夜/木曜夜

okinoerabuakuru2014-5.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 18:19 | ファストフード/軽食/惣菜

【移転】離島のカレー屋さん「NOANOA(ノアノア)」

NOANOA外観奄美大島の中心街「名瀬」にあるカレー専門店。といっても名瀬は名瀬でもいわゆるホテルなどがあるエリアではなく、和光トンネルを抜けた先の浦上エリアにあるので、ホテルなどから歩いて気軽に行ける立地ではありません。でもホテルなどがある中心街と空港との間にありますので、アクセスはそんなに大変では無いと思います。

ただ「食べログ」などに掲載されている情報と実際の位置が全く違うので要注意。食べログなどの情報では和光バイパスの東側にあるようになっていますが、実際は西側。完全に逆側になっていますので食べログなどの情報は信用しませんように(笑)。

名瀬中心街からだと和光バイパスのトンネルを抜けて3つめの川かな?越えたら左に曲がるとすぐにあります。逆に空港側からだと和光バイパスに入って最初の川を越える前に右に曲がって川沿いの道を進むとたどり着けます。川沿いのお店なので場所は比較的わかりやすいです。

あと同じ建物に「麦の実」というパン屋が併設されているので合わせて両方行くと良いかもしれません。

NOANOA内観NOANOA川側の席

店内はカレー専門店というよりインド料理のお店って感じで、そもそもカレーがメインですがインド料理のお店だったのかもしれませんね。入口近くの席なら大きな窓がありますので開放感も味わえると思います。

メニューはカレーがメインで1000円前後と全般的にやや高め。でも後で綴りますがその価値は十二分にあったと思います。

カレーもインド風と英国風があったようですが、私は定番の「インドカリー」のチキンを頼みました。1130円だったかな?インドカリーは全般的に1000円以上だったので致し方無しです。

あと辛さを5段階から選べて今回は「4」と二番目に辛いものを頼みました。

NOANOAインド風チキンカレーNOANOAサフランライスとインドカレー

そしてカレー。結構な大きな皿に載っていますのでボリュームはかなり有ります。ココイチなんかの1.5倍以上はあるイメージかな?

ライスはサフランライスのようでやや黄色がかっていました。サラダも少しだけ載っていて、あとチキンは骨付きですがとろけるぐらい柔らかくなっていました。

見た目からして離島のレベルを超えているような感じ。カレー好きにはたまりませんね。

そして味もかなり美味しく、辛さ「4」もかなりいい辛さ。後からじわっと来る辛さでまさにインドカリーって感じでしたね。辛党の私にはこの「4」が程よいかな?って思いますが、普通だと「3」以下をオススメします(笑)

最初はこんなにボリュームあって食べきれるかな?って心配になりましたが、カレーがあまりに美味しかったのであっという間に完食。

奄美大島でカレーならここかな?ってぐらいの印象です(他のカレー屋に入ったことがありませんが・・・)。少なくとも名瀬のホテルエリアに何故かある「ゴーゴーカレー」よりははるかにこちらの方が美味しいです。移動してでもこちらに来ることをオススメします。

正直、沖縄本島で食べるカレーよりも美味しかった気がします。

久しぶりに「大正解」のカレーがまさかの奄美大島だったとは^^ゞ

カレー好きには是非とも足を運んで欲しいお店です。


【店名】NOANOA(ノアノア)
【電話】0997-54-1254
【営業時間】11:00-21:00
【定休日】木曜

DSC02730.JPG
【移転後】
posted by 離島ドットコム管理人 at 18:18 | ファストフード/軽食/惣菜